だいたひかるが夫と語る「乳がん再発をポジティブに乗り切る」

8月26日(月)11時0分 女性自身

アメーバブログ女芸人部門でアクセス数ダントツ1位を更新中のだいたひかる(44)。’16年2月に乳がん治療のため右胸全摘手術を受けたときのことや、その後の経過をユーモラスにつづっている。



本誌でも、7月に掲載した当企画前編で、今年の3月にがんが再発したことを報告してくれた。乳房を全摘している右側にまさかの再発……。夫の小泉貴之さん(42)と一緒に取材に応える様子は相変わらず仲がよく、夫婦漫才のようだったが、当時は転移の有無がはっきりしない状況だった。



今回は最終の検査結果と共に、だいた流“がん患者あるある”をご紹介! ポジティブに乗り切る“だいたあるある”も語っていただこう。



【がん患者あるある】夫婦のどちらが先に死ぬかシミュレーションする



だいた「前回は再発しているがんが転移していないか、調べている途中でお話ししていたんですよね。PET検査の結果は出ていて、その画像で腰の骨あたりに転移の可能性があるかも……っていうときでした。あの後にMRIで検査をして、転移なしってようやくわかって、安心しました」



小泉「あのとき明るく話していましたが、正直、ナーバスな心境でした(笑)。とにかくオールOKとなるまでが長いんですよね」



健康な夫婦でも、どちらが先に死ぬかは話題に上るもの。どちらの場合もシミュレーションをしておいたほうがいい?



だいた「私のほうが年上なので、そのぶん先に死ぬのが自然。そう思ってますし、言ってます(笑)。棺おけに入れてほしい私のモノを選んでますもん。花じゃなくて、自分がすごく気に入って、ときめいていたモノだけでいい」



小泉「そうですね、まあ90歳くらい、せめて80代とかでも、なるべく2人が似たようなタイミングでこの世からスッとね。あんまり考えないようにしてますけど(笑)」



【だいたひかるあるある】がんをネタにする



「どうでもいいですよ」で始まるだいたのネタのように、どこかひょうひょうとがんを受け流しているように見える彼女だが、治療姿勢はじつに熱い。小泉さんも、仕事の合間を縫うように一緒に立ち向かっている。食事も運動も手を抜かず、夫婦二人三脚で一つ一つ乗り越えてきた。そんな2人の、今後の目標は?



小泉「今後、子どもを持つことを諦めているわけじゃないんです。全摘して再発して、抗がん剤と放射線やったけど、その後に不妊治療成功した唯一の例っていうのも目指してやってるんで。それで年齢とか全部無視して、やれることは2人で全部やりつくすっていうのは昔から変わらないです」



だいた「再発したのは残念だったんですけど、再発してすごい長生きした人っていうのに挑戦もできるなって。何度再発しても長生きして、起き上がりこぼしじゃないですけど、ダメそうだったんだけどまた起き上がるみたいな。自分がそういう事案っていうか、前例になったらいいかなと思って。ネタに使えるくらいに(笑)」

女性自身

「だいたひかる」をもっと詳しく

「だいたひかる」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ