「2020ミス・ティーン・ジャパン」グランプリ決定 語学堪能な美脚美女・16歳<酒井唯菜さんプロフィール>

8月26日(月)17時20分 モデルプレス

新川優愛、酒井唯菜さん、平祐奈、トラウデン直美 (C)モデルプレス

写真を拡大

【モデルプレス=2019/08/26】「2020ミス・ティーン・ジャパン」決勝大会が26日、都内で行われ、酒井唯菜(さかい・ゆいな/16)さんがグランプリに輝いた。

◆「2020ミス・ティーン・ジャパン」グランプリは酒井唯菜さん

選考会では、それぞれ自己アピールのスピーチと特技を披露。酒井さんは、堪能な韓国語で即興劇を堂々と演じた。

そしてグランプリ発表で名前を呼ばれると、酒井さんは驚きの表情とともに大粒の涙。「夢を見ているんじゃないかなと思うくらい、嬉しくて涙が止まりません」と喜びをあらわにした。

◆酒井唯菜さん、似ている芸能人は伊藤健太郎

イベント後の囲み取材に応じた酒井さんは、「賞が取れると思っていなかったので、本当に嬉しいです」と改めて喜びを語り、韓国語は独学で学んだと言い、「ドラマを見て学んでいました」と笑顔。

「1番にやってみたいのは、モデルと女優」とし、賞金の50万円は「ディズニーが大好きなので、家族と一緒にディズニーランドに行きたいです」と16歳らしいキュートな回答。憧れの女優には篠原涼子を挙げ、「私も女優さんの演技を見ていて引き込まれるので、そんな女優さんになれたらいいなと思います」と語った。

また、地元・愛媛県や東京に遊びに来た際に7〜8回スカウトを受けたことがあるという酒井さん。似ていると言われる芸能人を聞かれると、「伊藤健太郎さん」と答え、報道陣を沸かせていた。

新川優愛平祐奈トラウデン直美、酒井唯菜さんにエール

応援アンバサダーを務める女優の新川優愛は「毎年レベルが高くて、私実は、自分だったら酒井さんに(票を)入れるなと思っていたので、嬉しかったです」とにっこり。平祐奈は「今回は特にグローバルな特技や、珍しい特技披露を見させてもらった印象だったので、見ていて面白かったです」と決勝大会の印象を明かした。

「2013ミス・ティーン・ジャパン」グランプリのトラウデン直美は、「喋るのが皆さんお上手で、引き込まれました。すごいなと思いました」と驚き。酒井さんに「これからたくさんの人に会うと思いますが、笑顔で楽しいと思いながら頑張って欲しいです」とエールを送った。

さらに新川は、会場に駆けつけていた酒井さんのご家族に触れ、「あの笑顔を忘れないで欲しいなと思います」と酒井さんに伝えた。

◆「ミス・ティーン・ジャパン」とは

「ミス・ティーン・ジャパン」は、日本のティーンを代表するミス・コンテストとして13歳以上17歳以下の女性を対象に、2011年から毎年開催。今年は応募総数4102人の中から地方大会(札幌、東京、名古屋、大阪、福岡)を勝ち抜いた12人のファイナリストたちが、この日の決勝大会に挑んだ。

なお、準グランプリは日野美羽(ひの・みはね/13)さんが、特別賞は池田紅杏(いけだ・くれあ/13)さんがそれぞれ受賞した。(modelpress編集部)

■グランプリ:酒井唯菜さんプロフィール

生年月日:2003年1月25日
身長:154cm
体重:35kg
スリーサイズ:73/57/78
靴サイズ:22.5cm


【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

「グランプリ」をもっと詳しく

「グランプリ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ