菅田将暉&仲野太賀「絶句です」YOSHIとの初対面を明かす<タロウのバカ>

8月26日(月)17時31分 モデルプレス

菅田将暉、YOSHI、仲野太賀(C)モデルプレス

写真を拡大

【モデルプレス=2019/08/26】俳優の菅田将暉と仲野太賀が26日、都内で開催された映画『タロウのバカ』完成披露上映会に登壇した。

タロウ(YOSHI)、エージ(菅田)、スギオ(仲野)という3人の少年が、過酷な現実に向き合う姿を描く本作。当日は本作で俳優デビューを飾ったYOSHIと、メガホンを取った大森立嗣監督も登壇し、それぞれ劇中に登場する覆面(※大森監督のものは登場しない)をかぶっての登場で観客を沸かせた。

YOSHIと初めて会った時の印象を聞かれた仲野は「絶句です」と言い、菅田も「絶句だよね」と同意。菅田は「本当に、この1年ですごく大人になってるから。洋服も着てるしね。今日は」と言い、現場でのYOSHIについて「ずっと裸だった」「新人類ですよ」とも語った。

◆菅田将暉、仲野太賀とYOSHIの接し方を相談

菅田は自由なYOSHIとの接し方について、仲野と相談していたそうで「俺らはどうすべきなんだっていう。この才能を生かすも殺すも俺ら次第だから。けっこう会議したんだよ!」と回想。「このまま放っておきたい。けれども、放っておいたら絶対にこいつは事故に遭う。それはもう、目に見えてるし、しょうもないことで失われるのも嫌だから、何を教えていこうみたいな」と苦心した模様。

相談の結果として、大森監督の映画を菅田の自宅で見ることにしたという。YOSHIは最初は菅田の自宅にはしゃいでいたというが、次第に映画にのめりこんでいったそうで、菅田は「あれ、いい瞬間」としみじみ。仲野も「こんなに賑やかな人が映画に吸い込まれていく様が、新鮮でした」と感慨深そうに振り返っていた。

撮影を通じて、現場では仲野が、私生活では菅田がYOSHIの相手をするようになったとのことで、菅田はYOSHIの両親に会ったことも報告。「純粋に興味があって。どうやったらこんな子に育つんだろうっていう。こんな興味深い生物、いないから。家に行ったらよく分かった」と話し「YOSHIが描いたであろう絵が、ぶわーって飾ってあって。ぐちゃぐちゃじゃないの。きっちり整理されてる」と述懐。これを受けた仲野は「ギャップがすごいんだよね。あらゆる角度からの」と続けていた。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

「菅田将暉」をもっと詳しく

「菅田将暉」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ