ローリング・ストーンズのキューバ公演映画化

8月26日(金)11時1分 ナリナリドットコム

今年3月25日、キューバの首都ハバナで120万人の観衆を集めて行なわれたローリング・ストーンズのフリー・コンサートの模様が映画化され、9月23日(金曜日)に世界一斉、一回だけの上映が決定した。日本でも同じ日に上映されるが、時差の関係で、世界最速の上映となる。

長く断交していた米国とキューバが54年ぶりに国交を回復し、それを受けてのオバマ大統領による歴史的なキューバ訪問(3月20日)、その直後にハバナで実現したこのコンサート。映画のタイトルは「ハバナ・ムーン」で、これは彼らも尊敬するロックンロールのオリジネイター、チャック・ベリーのファースト・アルバム「アフター・スクール・セッション」(1957年リリース)に収められていた、異色のムーディなナンバーからとられている。それは、革命後のキューバが1961年に米国と国交を断絶する以前、ラム酒を飲みながらロックンロールで踊ることも普通だった頃のハバナを舞台にした歌だ。

演奏やセット・リストは、2〜3月に行なわれた南米ツアーのものを踏襲。2014年に他界したボビー・キーズの代わりに加入したサックス奏者のカール・デンソン、長くストーンズ・ファミリーの一員として活動してきたリサ・フィッシャーに代わって起用されたヴォーカリストのサーシャ・アレンといった、新たに加わったメンバーたちの新鮮かつアグレッシヴなサポートぶりにも注目だ。

ミック・ジャガーは「キューバ公演は純粋に素晴らしかったよ。とてつもない時間だった。見渡す限り広大な人の波なんだ。観衆からの熱狂の嵐を感じてもらえるはずだよ。僕にとっては突出した出来事だったんだ」とコメント。

キース・リチャーズも「太陽があって、月があり、星があって、ザ・ローリング・ストーンズがいたんだ。キューバがついに思い切り楽しむ機会を見るのは特別なもんだったよ。ハバナの夜は忘れることはないだろうね」と、キューバでのコンサートを振り返っている。

映画「ハバナ・ムーン」の上映劇場(全国18都道府県21劇場)は次の通り。チケット発売の詳細などについては、主催・企画のワードレコーズ公式サイト(http://wardrecords.com/)を参照。

・ユナイテッド・シネマ札幌
・MOVIX仙台
・TOHOシネマズ 日本橋(2回)
・TOHOシネマズ 新宿(2回)
・109シネマズ二子玉川(2回)
・TOHOシネマズ 川崎
・TOHOシネマズ ららぽーと船橋
・ユナイテッド・シネマ浦和
・シネプレックス水戸
・TOHOシネマズ 宇都宮
・ユナイテッド・シネマ前橋
・T・ジョイ新潟万代
・静岡東宝会館
・109シネマズ名古屋(2回)
・T・ジョイ京都
・梅田ブルク7
・TOHOシネマズ なんば(2回)
・109シネマズHAT神戸
・イオンシネマ岡山
・109シネマズ広島
・ユナイテッド・シネマキャナルシティ13

ナリナリドットコム

「キューバ」をもっと詳しく

「キューバ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ