滝沢カレン、連ドラ初レギュラー 妊婦役に挑戦「いつもとのギャップを楽しみにして」

8月26日(月)5時0分 オリコン

10月スタートの『G線上のあなたと私』で連ドラ初レギュラーを務める滝沢カレン (C)TBS

写真を拡大

 モデルでタレントの滝沢カレン(27)が、10月スタートのTBS系『G線上のあなたと私』(毎週火曜 後10:00)で連続ドラマ初レギュラー出演を果たすことがわかった。滝沢が演じるのは、明るく天然な妊婦・加瀬芙美(かせ・ふみ)。「出演が決まった時は夢なんじゃないかと思うくらいびっくりして、ドラマ自体ちゃんと連続して出演したことがないので、とても緊張しています」と心境を明かしている。

 同ドラマは、人気漫画家・いくえみ綾氏による原作を実写化。主人公・小暮也映子(波瑠)は寿退社間近に婚約破棄され、仕事も結婚も失う。そんな日にたまたま聞いた『G線上のアリア』の生演奏をきっかけに、大人のバイオリン教室に通い始める。優雅な趣味と思いきや、そこにはバイオリンのように一筋縄ではいかない恋愛、仕事、家族などでさまざまな問題を抱える人たちが集まっていた。そんな悩める大人が通うバイオリン教室を舞台に繰り広げられる恋と友情の物語となっている。

 滝沢が演じるのは、也映子がたまたま興味を持ち通い始めた大人のバイオリン教室で出会うイケメン大学生・加瀬理人(中川大志)の兄で、バイオリン教室の講師・久住眞於(桜井ユキ)の元婚約者でもある加瀬侑人(鈴木伸之)の妻・芙美。どこか抜けているが、夫にはぞっこん。最近は赤ちゃんの名前を考えているが、どれもこれも不思議な名前ばかり…といった本人にどこか通じる部分も見受けられる。

 当の本人は「私の妊婦姿は、皆さん急に見たら驚くと思うのですが、いつもとのギャップを楽しみにしていただければと思います。“滝沢待ち”にだけはならないよう、絶対台詞は覚えるぞって気合は入っているので、一言一句何がなんでも覚えるよう頑張ります」と意気込み。「原作の芙美さんらしく、温かく、こんな家族だったらいいなって思ってもらえるような家庭の雰囲気を出せたらいいなと思いますので、そこに注目していただければ」とアピールしている。

 このほかそのほか、バイオリン教室の仲間・北河幸恵(松下由樹)にいつも小言をいう姑・由実子役に夏樹陽子、也映子に婚約破棄をつきつける元カレ・村野智史役に森岡龍が決定した。

オリコン

「滝沢カレン」をもっと詳しく

「滝沢カレン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ