結婚で小泉進次郎氏が安倍首相と関係改善、後継総理になるか

8月26日(月)7時0分 NEWSポストセブン

結婚で安倍氏に急接近(写真/時事通信フォト)

写真を拡大

 小泉進次郎氏が最近なんだかヘンだ。安倍首相のイエスマンばかりの自民党にあって、「私は忖度しない」と一線を画す姿勢がこの人の持ち味だったが、フリーアナウンサーの滝川クリステルとの結婚報告に官邸に行って以来、首相との距離が急接近。


 権力者は、自分に逆らっていた者がなびいてくれば可愛いもの。9月の内閣改造で新入閣は確実で、本人も今回は断わらないと見られている。


 いまや安倍首相の周囲は“進次郎を守る会”状態だ。その筆頭が「総理の寿司友」を自任する政治評論家・田崎史郎氏だろう。


 田崎氏はテレビ朝日の番組で進次郎氏に結婚を祝う電話をしたときのこんなエピソードを紹介した。


 進次郎氏は“でき婚”相手の滝クリとの交際開始時期について、「昨年の暮れだったと思う。あれ、春だったかな? じゃあ春だ」と曖昧な言い方をしたが、電話を切った後、すぐ折り返しでかかってきて、「先ほど春と言いましたが1月です。これが(夫婦の)統一見解」と語ったという。


 電話口の側には滝クリがいて意見をすり合わせたようだ。民放芸能記者が語る。


「進次郎夫妻には官邸での結婚発表というやり方にバッシングもある。田崎さんは、マイナスイメージを持たれかねない、付き合い始めてすぐの“デキ婚”ではなく、1年半の交際期間があったと2人をかばうつもりで電話の内容をおっしゃったのでしょう。


 ただし、普通は妻との馴れ初めは覚えているはず。“統一見解”が必要だったのは、本当は交際期間が短かったんじゃないかと逆に疑問が持たれるコメントだった」


 入籍2日後の8月10日発売の『文藝春秋』9月号には、その田崎氏の司会で菅義偉・官房長官と進次郎氏の対談が掲載され、そこで菅氏は「進次郎はもう閣僚になっていいと思う」「ポスト安倍の有資格者」と発言している。


 そもそも進次郎夫妻が入籍前日に官邸に出向いたのは「後見人」的存在である菅氏への挨拶のためだったが、たまたま官邸にいた安倍首相にも挨拶できた。その段取りは「関係がしっくりいっていなかった総理と進次郎を取り持つために菅さんが骨を折った」(自民党議員)とみられている。


 結果、結婚で丸くなった進次郎氏への“ご祝儀”として入閣が固まり、次の総裁選で一気に安倍首相の後継総理の座に駆け上がるレールが敷かれつつある。


※週刊ポスト2019年9月6日号

NEWSポストセブン

「首相」をもっと詳しく

「首相」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ