四十路アナ9人「艶フェロモン現場」をバラす!(3)フリー転身で開放的になった馬場典子

8月27日(月)12時57分 アサ芸プラス

 そして地味な局アナ時代から一転して、サービスカットが急増したともっぱらなのが、日本テレビを14年に退職した馬場典子(44)である。それもそのはず、女子アナ時代は、

「オンエアチェックでもスカートの奥や胸が見えないか確認するほどの潔癖性。立ち上がる際にはスカートの隙間に自分の手を添えて見えないようにするなど、鉄壁のディフェンスでした」(日本テレビ関係者)

 ところが、オンエアチェックもままならない生放送の出演が続くと、もはやその辺りを気にしなくなってしまったようだ。

「前かがみでシャツの裾から胸チラしたり、ミニスカートでパンチラしたり‥‥品のいいルックスの美女だけに興奮度も倍増でした。最近は、NHKの『あさイチ』にレギュラー出演したり、著書を出版したり、大阪芸術大学で放送学科の教授に就任したりと、堅めの仕事を増やしているようで、露出度高めの衣装は減ったようです。でも、情報ワイド番組『ゴゴスマ』(TBS系)のパネル解説時などに、小ぶりながら形のいい“横乳”をアングルバッチリに撮られたりと、無自覚なフェロモンを抑えきれていません」(アイドルライター)

 いまだ浮いた噂も聞こえてこないが、モテ女の面目躍如といったところか。

 くしくも馬場アナの1つ先輩で元ミス日本の肩書も納得なのが、日本テレビの森富美アナ(44)。そのクールビューティーぶりはつとに有名だが、素顔はまったくの正反対だった。

「ダンナさんもテレビマンで、小学生のお子さんがいる森アナはここ数年、8時頃に出社し『スッキリ』から『ヒルナンデス!』までのニュースコーナーを一手に引き受けて、夕方には帰宅するのがルーティンです。そんな家庭第一の生活にもかかわらず、憧れる年下男性スタッフは数多い。理由の一つが、ふとした時にポロッと飛び出す関西弁なんです」(日本テレビ関係者)

 実は森アナは大阪府出身で、プライベートではいまだに関西弁が抜けきらないのだ。公私を分け、職場では極力、標準語で話しているというが‥‥。

「会話の途中でこっちが小ボケを入れた時に、ボディタッチして『なんでやねん!』ってツッコミを入れてくるんです。“完璧美人”から一気に『かわいい人だな』って思ってしまいますよ。こういう時の関西弁の破壊力はすごい」(30代ディレクター)

 実際にやられたら、ギャップでメロメロになったあげく、「スキナンデス!」と暴走してしまいそうだ。

アサ芸プラス

「馬場典子」をもっと詳しく

「馬場典子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ