ミス日本が高学歴化 東大理IIIファイナリスト2名の応募理由は

8月28日(火)7時0分 NEWSポストセブン

去年のリベンジを果たした西尾菜々美さん

写真を拡大

 来年1月の本選で51回目を数える「ミス日本コンテスト」の地方予選が始まった。今年度の応募総数は2354人。8月27日には、全国でもっとも激戦区といえる東日本ブロックのファイナリストを決める大会が都内ホテルで開催された。


 書類面接審査を通過した25人が自己PRタイム、洋服審査、水着審査などに挑み、最終的に8人が本選への出場権を獲得したのだが、当サイトが注目したのは次の4人だ。


 まず、青山学院大学総合文化政策学科3年の西尾菜々美さん(21)。彼女は昨年もミス日本に応募して東日本大会に出場したが、惜しくも落選。最終補選に残るも全国大会まで駒を進めることはできなかった。


「去年はとても悔しい思いをして、今年は絶対に負けたくないと再チャレンジしました。この1年、たくさん自分磨きもしました。特に水着審査に備えて“見た目”はかなり気をつけました。人生で初めてジムに通い、かなり重いモノも持ち上げて頑張りましたしね(笑い)」


 そして、見事にリベンジを果たした。海外のミスコンでは水着審査を廃止する動きなどがあり、ミス日本でも今年の予選から水着を着たままのウォーキング審査をなくしたが、西尾さんは、むしろ残念そう。


「水着は体のラインや美しさが一番見えるもの。実際にその人がどんな生活をしているかとか、どんな物を食べてどんなトレーニングをしてきたかが全部表れます。実際に私も去年とは違う体を見せられると水着審査が少し楽しみだったんです。だから、水着審査はまったくやるべきではないとは思いません」(西尾さん)



 次に紹介するのは、ダンス講師の藤本麗華さん(26)。じつは元タカラジェンヌで、「星組男役・鳳羽みらい」と聞けば思い出すファンもいるだろう。8年間宝塚で活躍するも、首などのケガに悩まされ、まだ若くして退団を余儀なくされた。


「この2年間、表舞台にはまったく出ず、宝塚を目指す子どもたちにダンスを教えるなど裏方に徹してきたのですが、知人から『もう1回何かにチャレンジしてみたら?』と言われて、ミス日本に応募することにしたんです」(藤本さん)


 今大会では、姿勢のいい立ち姿といい、堂々とした自己PRといい、他の候補者を圧倒して、さすが“プロ”の域。いまさらミス日本で何の美を極めたいのか不思議だったので彼女に聞いてみると、意外な答えが返ってきた。


「じつは宝塚を辞めて2年になるのに、男役が抜けないんです。電車の中で膝を閉じられなかったり、ちょっとしたことで動作が大きくなってしまったり……。ミス日本が掲げている『内面の美・外見の美・行動の美』という3つの美しい女性になるにはまだまだ。今回の応募をいいきっかけにして、“女性に生まれ変わりたい”と思っています」(藤本さん)


 今度は女性として自分をさらけ出し、“みらい(未来)”に羽ばたくことができるか、本選が楽しみだ。



 最後に紹介する2人は、ともに東京大学前期教養学部理科三類に在籍する“高学歴女性”だ。ここ数年、ミス日本には東大生の受賞者が増えたが、事務局担当者によれば、今年も10人を超える東大生の応募があったという。


 高橋梨子さん(20)は東大1年生。もちろん医者を目指して最難関学部を突破したが、将来の道は1本ではないと言い切る。


「医学といっても宇宙医学のようにこれまで聞いたことのなかった分野もありますし、医者とはまったく違う道に進む人だっています。とにかく学生時代は自分の視野を閉じさせないように、いろいろなことに挑戦したい。ミス日本もそのひとつです。


 東大生と聞くと、勉強ばっかりのイメージで、学歴だけで注目される面はあると思いますが、日々、自らの至らなさも痛感しています。ミス日本で様々な教養を身につけ、自己発信力も高めていきたいと思います」(高橋さん)


 大学ではジャズダンスをメインとするサークルに入り、活発的に行動する高橋さん。ミス日本でも頂点に立つことができるか。



 度會亜衣子さん(20)は理IIIの2年生。やはり将来は医者になりたいと話すが、その前に目指すべき“理想の女性像”があるという。


「自立して行動力のある女性に憧れていますが、自分はもっとも遠い存在。高校時代までは引っ込み思案で失敗を恐れて挑戦しないことが多かったですし。少しでも理想の女性像に近づきたいと思い、ミス日本に応募しました」(度會さん)


 秋からは本格的に医学の勉強が始まるというが、ミス日本の各賞に選ばれたら両立する時間などあるのだろうか。


「正直にいうと、医学部は授業に出ているだけでは間に合わない部分もあり、自学は絶対に必要です。でも、いままで無為に過ごしていた隙間の時間で埋めていき、ミスが理由で勉強が疎かになることは絶対にないようにしたい」


 と固い決意を表明する度會さん。自分磨きの到達レベルも高そうだ。



 ミス日本の“高学歴化”には事務局の担当者も驚いている。


「2015年度に準ミス日本に選ばれた秋山果穂さんも偏差値93.7という驚異的な頭脳を持った東大生でしたが、狭い専門的な世界で生きていくことへの不安、自分の判断力や軸がブレてしまうのでは? という危機感から、ミス日本に応募してきました。


 いまのような情報化社会では、ボランティア活動に参加する若者がSNSを通じて集まるように、幅広く社会と繋がって新しい分野に積極的にチャレンジしたいという気持ちが増幅しているように感じます。特に就職活動を控える学生にとっては、将来の方向性とは別の世界も見てみたい気持ちが高まるのだと思います。


 ただ、ミス日本は決して“高学歴ミスコン”ではありません(笑い)。いま完成された美でなくても、ファイナリストに選ばれれば、外見、内面、行動の美をさらに磨ける勉強会やレッスンなど、さまざまな場を提供しています」(ミス日本コンテスト事務局の和田健太郎事務局長)


 さて、今回紹介した4人の中から、3つの美を磨いてミス日本の栄冠に輝く女性は出るか。


●撮影/渡辺利博

NEWSポストセブン

「ミス日本」をもっと詳しく

「ミス日本」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ