乃木坂46西野七瀬、初挑戦のなぎなたに自信 白石麻衣、松村沙友理は心が折れかけた瞬間を明かす

8月28日(月)20時38分 エンタメOVO

主人公・東島旭を演じた西野七瀬

写真を拡大

 映画『あさひなぐ』の完成披露上映会イベントが28日、東京都内で行われ、出演者の西野七瀬、桜井玲香、松村沙友理、白石麻衣、伊藤万理華、富田望生、生田絵梨花と英勉監督が出席した。

 こざき亜衣氏の同名コミックを映画化した本作は、最弱の初心者が最強のライバルに挑む、青春なぎなたエンターテインメント。乃木坂46メンバーがなぎなたに初挑戦し、齋藤飛鳥をはじめ、他メンバーによる舞台版も上演された。

 主人公・東島旭を演じた西野は、集まったファンに向けて「見終わった後に、どんな感想が浮かぶのか楽しみな気持ちでいっぱい。皆なぎなたを頑張ったので、きっとかっこいいと思ってもらえると思います」と自信をのぞかせた。

 年明けから始めたというなぎなたのけいこを「想像以上に大きいし、重いし、扱うのが大変だった。足の裏の皮がめくれそうになったり、筋肉痛だったり、苦労したけど、いい経験になったと思います」と振り返った。

 桜井は「皆さんにキャラが違うと言われたけど、私自身はそんなに違和感はなかった。人生で初めて金髪にしたり、髪を切ったり、形から入りました」と見た目からの役づくりを語り、言葉はきついが情に厚いというキャラクターのため「監督に『もっと暴言を吐いてくれ、もっと相手をののしってくれ』と言われて、どっちに集中していいのか分からなくなっちゃった」と笑わせた。

 松村は、心が折れそうになった瞬間について「重要な試合のシーンを撮る前日に、試合の内容が変わった時。1カ月前からずっと練習していたのに、全部変えられて、さすがに一瞬涙が出ました」と語り、苦笑いを浮かべた。

 なぎなた熟練者の役柄を演じた白石も「初日ぐらいから、指導の先生に『特別厳しくいくからね』と言われたので、やばいと思って心が折れそうになった」と明かした。

 練習から真剣な思いで取り組んだことで、白石は「でもやっていくと楽しい。できてくるとうれしくて、全然苦ではなかった。逆に楽しさの方が強かった」と手応えを語り、西野も見せ場の試合シーンでは「吹き替えかもしれないけど、自分でやりたいと思って監督に言いに行ったら、監督も『そのつもりです』と。同じ思いで良かった」と語った。

 映画は9月22日から全国ロードショー。

エンタメOVO

この記事が気に入ったらいいね!しよう

西野七瀬をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ