「宮迫博之とベッキーとで扱いが違いすぎる」と日テレに批判殺到!

8月29日(火)17時58分 アサ芸プラス

 不貞疑惑でCM降板を余儀なくされた「雨上がり決死隊」の宮迫博之が、8月26〜27日放送の「24時間テレビ」(日本テレビ系)に出演し、視聴者からの批判が殺到した。ネットでは画面に宮迫が映るたびに「なんで出演してんの?」「恥ずかしくないのか」などと非難のコメントが続出。番組内でも他の芸人があまり絡もうとしないなど、まるで腫れ物に触る扱いだったのである。

 そんな宮迫を巡り、日本テレビに対しても「ベッキーとの扱いが違いすぎる!」との苦情が視聴者から巻き起こっているようだ。テレビ誌のライターが語る。

「26日には裏番組の『ゴッドタン 最初でたぶん最後のゴールデンスペシャル』(テレビ東京系)にベッキーが登場。自らのゲス不貞で好感度が地に墜ちた有様をパロディソングに仕立て、視聴者の喝采を浴びていました。そのベッキーはゲス不貞後、『天才!志村どうぶつ園』や『世界の果てまでイッテQ!』といったレギュラー番組を次々と降板。あっさりと日本テレビから切られたワケです。それに対して宮迫は不貞騒動発覚後に『火曜サプライズ』のゲスト出演こそ見送られましたが、レギュラー番組の『行列のできる法律相談所』を切られるどころか『24時間テレビ』という特番にさえ出演しているんですから、あまりもの扱いの差に呆れる人が続出するのも当然でしょう」

 いったいこの差は何なのか。視聴者からは「所属事務所の違いが大きいのか」といった推測や、「いまだに世間は不貞について男と女で差をつけている」と社会問題のひとつと捉える向きもある。そこにどんな理由があろうとも、今回の「24時間テレビ」を観れば、日本テレビが宮迫に対して甘いことは否定できないのではないだろうか。

(白根麻子)

アサ芸プラス

この記事が気に入ったらいいね!しよう

宮迫博之をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ