『エヴァ』のスマホ向け新作ゲーム『エヴァンゲリオン バトルフィールズ』が正式発表。配信は2020年を予定、東京ゲームショウにて出典予定

8月29日(木)17時39分 電ファミニコゲーマー

 エヴァンゲリオン バトルフィールズ製作委員会は、アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』を題材としたスマートフォン向けゲーム『エヴァンゲリオン バトルフィールズ』を発表した。公式の略称は「EVABF」となり、ティザーサイトをオープンしている。

(画像は「【EVABF】エヴァンゲリオン バトルフィールズ|公式」より)

 2020年6月に公開される映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』を含んだ、『エヴァ』シリーズが題材のスマートフォン向けゲームで、どのような内容と鳴るのか今のところ詳細は不明。9月12日から15日まで幕張メッセで開催される「東京ゲームショウ 2019」にてブース出展され、一部のユーザー向けにプロモーションビデオが公開される予定だ。ゲームは2020年に配信予定としている。

 開発は『GOD EATER 3』『The MISSING -J.J.マクフィールドと追憶島-』にも携わってきたイニスジェイが担当。2020年6月に公開される映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』を含んだ『新世紀エヴァンゲリオン』シリーズの「今までにないスマートフォン向けゲームプロジェクト」だという。

 東京ゲームショウ2019の出展期間中には、ゲームリリース後に使用できる、ゲームと連動するオリジナル限定パスの配布を視聴者特典として配布する予定だ。プロモーションビデオの視聴は一部のユーザーに限られ、シアター入場兼特典交換チケットが必要のようだ。チケット配布の詳細は、後日、公式SNSで告知するという。

 公式サイトでは、「スマートフォンゲームに留まらない、“新しい遊び”をユーザーの皆様にお届けいたします。」という気になる記述もあり、どのようなゲームなのか今のところまったく謎に包まれている。東京ゲームショウ2019を控えつつ、プロモーションビデオの視聴には入場チケットを入手しなければならないので、公式Twitterアカウントをフォローして参加資格の情報を見逃さないようにしよう。

<東京ゲームショウ2019 エヴァンゲリオン バトルフィールズ出展概要>
【出展概要】
スマートフォン向けアプリゲーム『エヴァンゲリオン バトルフィールズ』のプロモーションムービー
【出展期間】
ビジネスデイ:2019年9月12日(木)、13日(金)10時〜17時
一般公開  :2019年9月14日(土)、15日(日)10時〜17時
【会場】
幕張メッセホール2 inisj(イニスジェイ)ブースにて展示
【参加方法】
シアター入場兼特典交換チケットの配布(配布方法などの詳細は後日公式SNSなどで告知)

また、出展期間中は視聴特典としてゲームリリース後に使用できる、ゲームと連動するオリジナル限定パスの配布といった視聴者特典もご用意する予定となっております。

ライター/福山幸司

『エヴァンゲリオン バトルフィールズ』公式サイト
ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman

電ファミニコゲーマー

「エヴァンゲリオン」をもっと詳しく

「エヴァンゲリオン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ