映画『アラジン』と『ライオンキング』のゲーム化作品を収録した『Disney Classic Games: Aladdin and The Lion King』発表

8月29日(木)14時12分 電ファミニコゲーマー

 Nighthawk Interactiveは、ディズニー映画『アラジン』『ライオンキング』のゲーム作品をリマスターした『Disney Classic Games: Aladdin and The Lion King』を発表した。発売は2019年9月。価格は29.99ドル。対応プラットフォームはPlayStation 4、Xbox One、Nintendo Switch、PC(Steam)。

 アメリカの家電量販店ベスト・バイではパッケージ版の予約販売もスタート。こちらでは発売日は10月29日となっている。

 Virgine Gamesが開発したゲーム版『アラジン』と『ライオンキング』は、スーパーファミリーコンピュータやメガドライブ、ゲームボーイなど複数のプラットフォームでリリースされた横スクロールアクションゲームだ。どちらの作品も同名のディズニー映画を原作としており、ゲームのキャラクターのアニメーションは映画のアニメーターが制作、映画さながらの手書きアニメーションが特徴となっている。

 『Disney Classic Games: Aladdin and The Lion King』には、『アラジン』のメガドライブ、スーパーゲームボーイ、ゲームボーイ版、『ライオンキング』のメガドライブ、スーパーファミコン、ゲームボーイ版が収録されている。フルHD解像度に対応し、各種フィルターでグラフィックをアップグレード可能。コンピューターに操作を任せ、任意のタイミングでスタートできるウォッチモードや、巻き戻しにチートコードといったプレイヤー支援機能、ミュージックプレイヤーやアートギャラリー、開発の裏側を語るインタビューなどを確認できるミュージアムも搭載。さらに、トレードショーでのみ披露された『アラジン』のトレードショーデモ版が初めて収録される。

(画像はYouTube 「Disney Classic Games: Aladdin and The Lion King Announcement Trailer」より)
(画像はYouTube 「Disney Classic Games: Aladdin and The Lion King Announcement Trailer」より)
(画像はYouTube 「Disney Classic Games: Aladdin and The Lion King Announcement Trailer」より)

 移植を担当するDigital Eclipseは、『ストリートファイター30th アニバーサリーコレクション』『ロックマン クラシックス コレクション』、『The Disney Afternoon Collection』など、レトロゲームに新しい機能を追加してまとめた作品を多数リリースしている。

 『Disney Classic Games: Aladdin and The Lion King』は、インタビューなどを収録したミュージアムやトレードショーデモなど、歴史的資料集としても価値が高いものになりそうだ。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
古嶋 誉幸
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter:@pornski_eros

電ファミニコゲーマー

「アラジン」をもっと詳しく

「アラジン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ