ドラマ『ストレンジャー・シングス』:ロケ地を訪れるファンに町は?

8月28日(水)4時44分 海外ドラマboard

楽しい夏休みが終わります。この夏、『ストレンジャー・シングス 未知の世界』(Stranger Things)のファンたちは、ドラマのロケ地に押し寄せました。コスプレをして写真撮影に励むファンに、町の反応はさまざまだったようです。

『ストレンジャー・シングス 未知の世界』

7月4日にネットフリックスで配信開始された『ストレンジャー・シングス』シーズン3では、ドラマの象徴的な場所が多くあります。ドラマの設定では、舞台はインディアナ州ホーキンスという架空の小さな町ですが、撮影はジョージア州で行われていました。

そのひとつ、パルメットは人口5000人ほどのアトランタ近郊の町です。ここにある食料品店では、エル(ミリー・ボビー・ブラウン/Millie Bobby Brown)がワッフルを調達したことで知られ、連日ファンがエルと同じようにワッフルのコーナーへ向かうといいます。

ときにはエルと同じファッション、鼻血メイクで写真撮影にいそしむ人もいると、店主はOmaha World-Heraldの取材で語っています。

しかしどこでも同じように対応してくれるとは限りません。同州ダルースにあるモールは、ドラマの「スターコート・モール」として登場します。ここでは外観を撮影できますが、モール内で写真撮影することは許可されていません。

ほかにも、ホーキンス研究所の撮影はエモリー大学のキャンパス内にある建物、ホーキンスの町は同州ジャクソンのダウンタウンで行われました。

またジャクソンで営業するカフェでは、ドラマにちなんだメニューを提供しています。「ストレンジャー・ドリンク」と名づけられた商品はファンのみならず、地元の人にも人気があるとバリスタは語りました。そしてドラマの影響を歓迎し、自分たちの町がドラマの一部となることを喜んでいます。


『ストレンジャー・シングス 未知の世界』シーズン3は、配信開始から4日以内に4000万人以上が視聴し、1820万人が最終話まで視聴完了するという記録を達成しました。



ストレンジャー・シングス

原題:STRANGER THINGS

アメリカ

more

海外ドラマboard

「ドラマ」をもっと詳しく

「ドラマ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ