筧美和子&久松郁実、ビーチヨガで揺れるバストに下乳がこぼれそうなビキニショー

8月29日(土)20時0分 メンズサイゾー

 グラビアアイドルの筧美和子(21)と久松郁実(19)が、深夜バラエティで男性ファンを悩殺した。


 筧と久松は28日の『SUMMER GIRLS in NANANA BEACH』(テレビ東京系)に出演。ふたりのほか、エキゾチックな顔立ちで注目を集めるモデルの佐原モニカ(22)がレギュラーの同番組は、日本でもっともアツいといわれる鎌倉・由比ヶ浜のビーチハウスを舞台に、この夏イチオシのトレンド情報を紹介すというものだ。


 扱うテーマはファッションやフードなど、女子の喜びそうなものばかりとなっているが、ビーチでの撮影とあって筧らはかなりの薄着で登場する。そのセクシーな格好は7月にスタートしてからたびたびネット上で話題になるほど。21日の放送にはモデルのマギー(23)がゲスト出演し、大胆に胸元が開いた衣装から覗く美しいデコルテゾーンで注目を集めた。


 しかしそんな番組も終了することに。ファンの間からは早くも残念がる声が聞こえてくるが、ラストの放送では筧らがセクシーなショットな連発してくれた。


 最終回では、女性プロサーファーでヨガインストラクターとしても活躍するアンジェラ・磨紀・バーノン(35)を講師に迎えてビーチヨガに挑戦。太陽の光が降り注ぐ中でカラダを動かすことは、精神的な疲れも癒してくれて美容にも最適とのこと。しかし、カラダにフィットしたタンクトップにスパッツという衣装を身に着けたレギュラー陣はいかにもセクシーで、深夜に男性視聴者を興奮させるのだった。


 豊満なバストを揺らしながらヨガのポーズを決める筧や、適度に日焼けした健康的な素肌とボリューム感のある胸の谷間を披露した久松には、放送中から「サービスカット多すぎ!」「おっぱいを見るための番組だな」「オレもヨガ習いたくなった」などと興奮気味なコメントが寄せられることに。スレンダーな体型の佐原は、ふたりに比べれば注目を集めなかったようだが、それでもスラリと伸びた美脚が色っぽいと好評だ。


 さらに番組後半では、1990年にアメリカ西海岸で生まれたビーチカルチャーのブランド・ROXYの最新水着を美女モデルたちが着用して紹介。次々とビキニ美女が現れるだけでも刺激的なシーンの連続だったが、最後に登場した久松はさらにセクシーな姿を披露してファンを喜ばせた。


 久松は右胸がカラフルな柄で左胸がシックな黒色というビキニを着ていたのだが、そのデザイン性よりも今にもこぼれそうなおっぱいにファンは注目。ビキニの上部では柔らかそうなお肉が揺れ、下乳もほのかにはみだしているという魅惑的な姿を披露したのだった。


 ゲストとのガールズトークやトレンドのファッションなど、女子目線のテーマをメーンに送られた『SUMMER GIRLS』。女性タレントばかりの出演とあって、普段よりも大胆な衣装を着ることもでき、結果として多くの男性ファンを虜にする内容となったといえそうだ。最後に筧は「番組が終わるのと同時に夏も終わってしまうと思うと寂しい」と話していたが、もっとも残念がっているのは男性視聴者かもしれない。ぜひ来年もまた彼女たちにはビーチに戻ってきてほしいものである。
(文=愉快)

メンズサイゾー

この記事が気に入ったらいいね!しよう

筧美和子をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ