ヒュー「真田さん素晴らしい」、「ウルヴァリン」ジャパンプレミア。

8月29日(木)10時3分 ナリナリドットコム

「X-MEN」シリーズの人気キャラクター・ウルヴァリンが、不思議な因縁で訪れることになった日本が舞台の映画「ウルヴァリン:SAMURAI」。そのジャパンプレミアが8月28日に開催され、ヒュー・ジャックマンと日本人キャストたちが登壇した。

会場となった六本木アリーナには、ヒューの熱いSAMURAI魂をカメラに収めようと、120台ものムービーと、60台のスチールが集結する壮大なプレミアに。開口一番ヒューは「ワタシハ、ニホンニコラレテ、トテモウレシイデス!」と語り、いきなり会場を沸かせた。

「この作品は、ちょうど1年前に日本で撮影していました。日本のエキストラやスタッフはとても良くしてくれました。この作品の成功は皆さんのおかげです。今回は福山市の鞆の浦で撮影したのですが、その縁でウルヴァリンが福山市の観光大使に選ばれました!」とコメント。会場からは惜しみない称賛が贈られた。

続いて、来日ゲストへのサプライズとして、鞆の浦の人たちからウルヴァリンと命名されたバラをゲストにプレゼント。小さな女の子が緊張した面持ちでヒューにバラを手渡すと、ヒューは女の子と同じ目線にかがみ、満面の笑顔で「アリガトウ」と小声だがしっかりと感謝の意を述べた。そんなヒューの優しさに女の子の緊張も解かれ、満面の笑顔に。そんなほっこりとする2人のやり取りに、会場からはこの日一番のフラッシュがたかれた。

最後にMCからの〆を遮る形でヒューが一言。「私は真田さんと一緒に仕事ができで光栄です。彼は本当に素晴らしい役者です!そして、ハリウッドの大作初出演のTAOとリラですが、彼女たちは初めてとは思えないほどの素晴らしい仕事をしました。ぜひ本作を楽しんでください」と語った。そんなスタッフやキャストへのリスペクトを常に忘れない、ヒューの紳士な姿に、会場からは割れんばかりの拍手が送られた。

各キャストのコメントは次の通り。

◎ヒュー・ジャックマン
私がウルヴァリンを演じるのは今回で6回目になります。中でも今作はウルヴァリンの内面の葛藤や弱さを描きつつかっこよさを掘り下げた作品になっています。

◎真田広之
素晴らしい監督のもと、楽しく撮影することができました。監督の描いたアメコミ世界と現代日本、そして日本のよき原風景が全てミックスされた作品なので、楽しんで観て頂きたいです。

◎ジェームズ・マンゴールド
東京での撮影では、ヒューとリラを車に乗せ、ここが良いと思った場所でゲリラ的に撮影を行いました。そのような熱い思い出のある日本に再度来ることができとても興奮しています。

◎TAO
誰もが知る『X−MEN』シリーズに出演できるという素敵なチャンスを頂き光栄です。演技経験の乏しい私を選んで頂き恐縮です。この作品を発表することができ非常に嬉しいです。
◎福島リラ
昨年の今頃、日本で撮影していたのを思い出します。また、このキャストと出会えたことが本当にありがたいです。そして、本日皆さんにお披露目することができ嬉しく思います。

ナリナリドットコム

この記事が気に入ったらいいね!しよう

キャラクターをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ