新体制Flowerが初のシングル1位

8月29日(火)6時50分 ナリナリドットコム

6人組ガールズエンタテインメントユニット・Flowerの最新シングル「たいようの哀悼歌」(たいようのエレジー/ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ/8月23日発売)が、発売初週に5.8万枚を売り上げ、今週発表の最新9月4日付けのオリコン週間シングルランキング(集計期間:8月21日〜27日)で初登場1位を獲得した。

Flowerのシングル1位は、「瞳の奥の銀河」(15年12月発売)、「やさしさで溢れるように」(16年6月発売)、「モノクロ/カラフル」(今年1月発売)での最高2位を上回り、自身初めて。

15作目のシングルとなる今作は、TVアニメ「将国のアルタイル」(MBS/TBS/BS-TBS)のエンディングテーマ。「原作の持つエキゾチックな世界観をストレートに表現した楽曲」とメンバーが発売発表時にコメントしていた通り、「絶望」「孤独」をテーマに、激しく情熱的なサウンドとダンスパフォーマンスが秀逸な作品となっており、E.G.familyの中でも独特な世界観を表現してきた6人にとっても、新境地といえる1曲となった。

今回の1位獲得についてFlowerは「この度、『たいようの哀悼歌』がFlower初のオリコンシングルウィークリーランキング1位を獲得することができ大変光栄に思います! 今年の6月にE.G.familyと新体制になり初のリリースでこの様な素晴らしい結果をいただけて嬉しいです! いつも支えてくださるファンの皆さん、スタッフの皆さんのおかげだと感じています! 本当にありがとうございます! この結果に甘えることなく、これからもFlowerにしか表現できない世界観、エンターテイメントをお届けできる様に頑張ります! これからもFlower6人の活動を楽しみに待っていて下さい!」と喜びのコメントを寄せている。

なお、今週9月1日には「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)への出演が決定している。

ナリナリドットコム

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Flowerをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ