『電光超人グリッドマン』Blu-ray BOX発売決定 コンピューター・ワールドでの激闘が蘇る!

8月29日(火)3時0分 おたくま経済新聞


1993年4月より放送された『電光超人グリッドマン』のBlu-ray BOXが12月20日にポニーキャニオン TBSより発売されることが決まりました。



グリッドマンは、円谷プロが制作した中学2年生の少年少女を中心とした特撮作品です。魔王カーンデジファーは親が不在がちでクラスに友人がいない藤堂武史の作り出した怪獣を使って『コンピューター・ワールド』を支配し、プログラムを破壊して現実世界を征服する作戦を始動させます。そんな時、主人公・翔直人の友人馬場一平がCGで作ったヒーロー・グリッドマンにカーンデジファーを追ってやってきたハイパーエージェントが乗り移ります。直人はグリッドマンと共にカーンデジファーと闘うためグリッドマンと合体し、コンピューター・ワールドで戦うというストーリーでした。特撮・特殊効果にビデオ合成、CGなど当時の最新映像技術を投入し、新たな映像表現への挑戦が詰め込まれた作品でもあります。

戦いは全てコンピューター内の世界のことであるため、怪獣やグリッドマンの存在を知っている人間は直人、一平、そして彼らの友人の井上ゆか、武史と4人だけといういままでにない設定、そしてグリッドマンをサポートするのはウルトラマンシリーズなどに多い防衛隊のようなものではなく、一平とゆかのサポートによるものそして彼らが作り出した『ジャンク』というコンピューターとグリッドマンが一体化しているというのもグリッドマンならではの設定です。

ネットワーク時代を先駆した作品だけとしてだけでなく、日本アニメ(ーター)見本市では新作短編アニメが公開されるなど、新たなる展開で話題騒然のグリッドマンのBlu-rayBOXは、全39話収録で価格は32,900円(税別)です。



(C)円谷プロ

(天汐香弓 / 画像提供・株式会社円谷プロダクション)

おたくま経済新聞

この記事が気に入ったらいいね!しよう

電光超人グリッドマンをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ