男の娘・RYUが人気声優・小松未可子の『Maybe the next waltz』をレビュー…いや、解説してみた

8月29日(火)13時30分 おたぽる

Maybe the next waltz/小松未可子

写真を拡大

 2度目まして、わたくしRYUがアニメに関係する楽曲をレビューするコーナー、レビューとか恐れ多いので(震え声)感想、解説するコーナーとしておきましょう!

 第2回目となる今回は、人気声優・小松未可子さんの9枚目のシングル「Maybe the next waltz」。この曲はアニメ『ボールルームへようこそ』のEDテーマ曲ですね!

 『ボールルームへようこそ』はバッチリ見てますよ。

 競技である社交ダンスをテーマに描かれた作品で、登場人物のダンスに対する情熱や試合の厳しさはもちろん、青春な場面もあって展開もとてもテンポ良くって、楽しませてもらっています。

 主人公のTTR君天才ですよね、凄すぎる……。この記事書いている時点では最新話は7話なのですが、天平杯の行く末が…気になりますっ!

 さてさて、お題の「Maybe the next waltz」。

 この曲は社交ダンスというテーマにも沿った3拍子の曲で、タイトル通りワルツのリズムでもあります。Aパートではピアノとストリングスが軽快にかけ抜けて心地よく、なおかつBパートからサビにかけてダンスへの情熱が大変素敵に表現されてます。聴いていてとても気持ちがいいです。

 なんといっても小松未可子さんの歌唱がとても表現力豊かで、さすがとしか言いようがないですね。

 ABサビと各パート、そして歌詞の内容を様々な歌い方で表現されています。マニアックな視点でいうとAパートの「そうっと心にしまおうか」の"おうか"という部分に小松未可子氏の男の子っぽさを感じさせていただきました! 『ガンダムビルドファイターズ』のセイ君役ハマっていましたよね!?

 そういう部分もあったかと思ったらとても綺麗なファルセットが出てきたり、高低差があるこの曲を見事に歌い上げていらっしゃいますね。

 『ボールルームへようこそ』の社交ダンスの華やかさを見事に再現した楽曲といえます!

 最後に『ボールルームへようこそ』……続きが……わたし、気になりますっ!

おたぽる

この記事が気に入ったらいいね!しよう

声優をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ