里子殺し声優 自宅は1億円豪邸、ブランド好きで胸張り歩く

8月29日(月)7時0分 NEWSポストセブン

里子の女児、渡辺みゆきちゃん(享年3)を暴行し殺害したとして、8月20日に警視庁に傷害致死容疑で逮捕された里親の鈴池静容疑者(43)。PTA会長を務め、会社を経営し、早稲田大学大学院で勉強するかたわら、実子2人と里子の育児に取り組んでいたという彼女は一体どういう人物なのか?


鈴池容疑者は事件の現場となった東京都杉並区で生まれ育った。


「父親は不動産関係の事業をしていたそうで、裕福な家庭だったようです」(近隣住民)


3階建ての自宅も鈴池容疑者の実家の庭の一角に新しく建てたもので、1億円はするという豪邸だ。


鈴池容疑者自身が早稲田大学の広報インタビューで明かしているところによれば、彼女は東京の短大を卒業後、銀行に就職したが、ストレスで激やせして退職。海外留学などを体験した後、婚礼司会の仕事をしたことなどから声優を志すようになったという。声優になるためのセミナーに通う一方、大学も早稲田大学第二文学部にはいり直して卒業するなど、学業に力を入れてもいた。


しかし、それは彼女にとって「人によく見られる顔」「尊敬される自分」を増やしていく過程ではなかったか。彼女を知る近隣住民のひとりがいう。


「たたずまいが独特なんですよね。芸能人みたいにいつも胸を張っていて背筋がピンとしている。道を歩いているときにあごを上げ気味で、涼しい顔っていうのかしら。周りから見られることを意識しているのかなと思いました」(40代女性)


また、別の知人はこう語った。


「とにかくブランド好き。声優という仕事を持ちながら母親業も完璧にこなし、オシャレにも気を使うという、完璧な女性を演じていたようなところがありました」


「里親」という肩書は、完璧な母としての子育てが一段落した彼女が、新たに望んだ“ブランド”だったのではないだろうか。


※女性セブン2011年9月8日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

声優をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ