片岡愛之助 半沢直樹を地でいく「父の町工場」維持し続ける

8月29日(木)16時0分 NEWSポストセブン

 絶好調のドラマ『半沢直樹』(TBS系)で、一際存在感を発揮するのが、片岡愛之助(41才)演じる金融庁のエリート・黒崎。主人公の堺雅人(39才)扮する型破りなバンカー・半沢直樹の前に立ち塞がる役だ。そんな愛之助だが、実は私生活では半沢と同じように大阪の町工場の息子としての人生を歩んできた。


 1972年、大阪府堺市にある船のスクリュー工場を営む家に生まれた愛之助。祖父が興したその町工場で父も働いており、隣接していた自宅に3世代で暮らしていた。家の前の通りは交通量が多く、ダンプカーがひっきりなしに走る危険な場所だったため、愛之助は妹と家の中で遊ぶことが多く、内向的な少年だったという。


「家の近くには少年野球やサッカーのチームもなかったんです。それで5才の時、ご両親が友達ができるようにと松竹芸能の子役オーディションを受けさせたんですよ。それから毎週土曜、松竹芸能の稽古場に通うようになって、ちょこちょこドラマなどで見るようになりました」(近所住民)


 大阪・中座で初めて歌舞伎に出たのが小学2年生のとき。子供ながらに興味を抱いていた歌舞伎の世界、元来の真面目な性格から稽古に励んだことも大きかったが、彼には人を魅きつける才能があったのだろう。片岡秀太郎(71才)の目に止まった愛之助は、小学4年生の時、十三代目片岡仁左衛門さん(享年90)への弟子入りを勧められた。以降、「片岡千代丸」という芸名で本格的に歌舞伎を始めることとなった。


「素質があってもただの弟子ではやれることに限界があります。秀太郎さんの中では“あの子にかけよう”“跡取りにしたい”という気持ちが大きくなっていったそうです。愛之助さんのお父さんは、“一生の仕事にする気なら最善の環境に行きなさい”と背中を押してくれたそうです。お母さんも“やりたいことをやりなさい”と、愛之助さん自身に選ばせた。本音を言えば、かわいい息子を手放したくはなかったんでしょうけどね」(歌舞伎関係者)


 そうして19才になったとき、愛之助は秀太郎と養子縁組をした。それは一方で両親との決別を意味した。町工場の家業を捨て、歌舞伎の道を選んだのだから…。


 そして、悲劇は突然訪れた。1999年に母が末期がんで亡くなり、翌2000年に今度は父がくも膜下出血で倒れ、他界したのだ。離れて暮らしながらも愛し続けた両親の立て続けの死。愛之助は悲しみに打ちひしがれる日が続いた。しかし、彼は再び立ち上がった。


「明日がないかもしれないと思ったら、今この瞬間が大事」


 そこから、さらなる努力の日々が始まった。踊り以外に、長唄の三味線、鼓、義太夫の稽古にも力を入れた。ひとつでも多くの舞台を踏もうと、どんな役にも喰らいついた。


「町工場は閉めることになりました。愛之助さんは自分が歌舞伎の道に進んだことで、工場を守れなかったからこそ、自分の決めた道で絶対成功しようと思ったんでしょう」(愛之助を知る人)


 仕事に追われる一方で、愛之助は時間を見つけては両親の墓参りを欠かさない。


「仕事が決まるたびに墓参りに行って、ご両親に報告してるんです。いまだに実家にもよく帰っているんですよ。妹さんは結婚して家を出ているのでもう誰も住んでいないんですが、実家はきれいに残してあります。


 実は家を担保に数千万円単位でお金を借りているので、金銭的には返済を考えると売ってしまったほうがいいんですが、“両親との思い出がなくなってしまうのが寂しいからそのままにしている”と言っていました。彼のなかでは工場を守れなかったことに対する両親への罪ほろぼしのような思いなんじゃないでしょうか」(前出・知人)


※女性セブン2013年9月12日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

半沢直樹をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ