山岸舞彩後任問題ほか、この秋の各局女子アナ人事業界裏話

8月29日(土)7時0分 NEWSポストセブン

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、山岸舞彩後任問題ほか、この秋の女子アナ“人事異動”裏話をリーク。


 * * *

 皆藤愛子ではないか。いや西尾由佳理だ。小林麻央復帰か…などと一部夕刊紙が予想していた『NEWS ZERO』(日本テレビ系)山岸舞彩の後釜は、局アナの久野静香アナに。その久野アナが務めてきた金曜日には、同期の杉野真実アナが入ることが発表された。


 つまり、セント・フォースを切って、自局の女子アナで固めたワケ。山岸舞彩の寿降板は、セント・フォースにとって大きな損害を与えたことになる。


 皆藤愛子と西尾由佳理は共に『めざましテレビ』(フジテレビ系)と『ズームイン!!SUPER』(日本テレビ系)で“朝の顔”として定着していた。だがそんな西尾は、フリーになってからの仕事が全くといっていいほどうまくいっていない。


 なかでも、日本テレビ退社後、最初にやった大仕事、『アゲるテレビ』(フジテレビ系)が2クールで終わったことはテレビ界にも本人にも衝撃だったのではないか。


『ズーム〜』の頃からクールビューティとして知られていた西尾。そのクールさと、付き合いの悪さについては、相方の羽鳥慎一アナ(当時)が度々ボヤいていて、その“評判”は視聴者にも伝わってしまっていたハズだ。


 なのにフジテレビは、どういうワケか彼女を抜擢。午後帯のメインに迎えてしまった。


 忘れもしない。『アゲるテレビ』スタート直前、「西尾、主婦の好感度、低いですよ」と言った私に、「え? 高いでしょ?」と“まさか”という表情をしたフジテレビの某編成マン。結果は惨憺たるものであり、しかも、ここでも付き合いが悪かったらしい西尾は、まさかの2クールで番組を終了させた。


 もちろん、番組終了は彼女一人のせいではない。しかし、どういうワケか、フジテレビは、午後帯に、西尾しかり、住吉美紀しかり、安藤優子しかり…、在宅主婦には好かれないキャラの女性をもってきてしまうのだ。


 その西尾は、『アゲるテレビ』終了後、フジテレビが業界用語でいうところの“フォロー”として用意した『世界HOTジャーナル』のメインに就いた。


 途中、半年の産休を経験し、復帰したのだが、同番組はこの9月で終了することが決まっている。


 そして、元朝日放送の赤江珠緒の『モーニングバード』(テレビ朝日系)の後任は、同局の宇賀なつみアナになることが既に発表されている。


 元NHKの膳場貴子は産休で、ついに『NEWS23 』を卒業する。膳場は現在TBSテレビ専属だが、出産後、戻ってくるのかどうかは不明である。


 評判はともかく、西尾も赤江も膳場も、局アナ時代からその名と実力を知られる存在だったというのに、さまざまな理由で大きなレギュラーをなくす今秋だ。


 局アナ出身ではないが、皆藤愛子も、『めざまし〜』を卒業し、フジテレビからの“縛り”が解けてから、あまり活躍をしていない。NHKの女子アナが他局に出ると、そのありがたみが激減するように、皆藤も『めざまし〜』枠の中で、「愛ちゃ〜ん!」と呼ばれていたことに最大の意義と魅力があったと見える。


 そして本人も、それがいちばん心地よかったのか、振る舞いは完全に“姫”だったようだ。なかでも忘れられないのは、「私、“人を顎で使う”というのを生まれて初めて見ました」という某女性スタッフたちの証言だ。実はこの話、辛口で知られる某演者に対し、複数の女性スタッフたちが「お願いですから、テレビで言っちゃってください!」と頼んできたというのだから驚きである。


 で、その演者から「ワタシは言えないから山田さん書いてよ」と託された(苦笑)。タレントの悪口なんて言うとは思えない職種の裏方らがそこまで言うとは、よほどのことだったのか。それとも皆藤愛子の寝起きが悪すぎたのか(苦笑)。


 かつて「好きなお天気キャスター・気象予報士ランキング」で石原良純を抜いて1位になったことでも知られ、抜群のルックスを誇る“愛ちゃん”の意外すぎるエピソードであった。


 まぁ、今後は“夜の愛ちゃん”に期待しようではないか。朝じゃなければ機嫌もいいかもしれないし(笑い)、お天気や決まり切ったコメントだけでなく、自分の言葉で、自分の内面をいかに出していくかが、彼女の今後の課題のように思う。


 話を『NEWS ZERO』に戻そう。卒業したホラン千秋(アミューズ所属)、現レギュラーの板谷由夏(同)、桐谷美玲(スウィートパワー所属)、そして言わずと知れたジャニーズ事務所の嵐の櫻井翔…と、女性人気が高いタレントや女優、アイドルをキャスターにして安定した視聴率を保っている『〜ZERO』。思えば小林麻央(セント・フォース所属)は女性人気が高く、キャスターとしてものすごい成長を遂げていたことから、現場の評判はすこぶる良かったのである。


 彼女がレギュラーになりたての頃、日テレ社内でラルフこと鈴木崇司アナから呼び止められ、小林麻央を絶賛されたことがある。私が構成を担当していた『恋のから騒ぎ』出身だったからだろう。山岸舞彩の卒業で小林麻央が復帰する…という噂は、そんなことからあがっていたのかもしれない。


 やはり現場での評判というのはものすごく大事。そういえば、あの山本モナ(元朝日放送)がレギュラー番組の初回の夜にプロ野球選手との不倫現場を撮られた際、テレビ関係者がいちばん怒っていたのは、「いくらフリーだからとは言え、番組初回の反省会に出ず、遊びに行くとは何事か」ということだった。


 各局、ハンドリングしやすい局アナにシフトしていくのもわからなくもないけれど、才能にあふれる美人キャスターが多数所属しているセント・フォースの巻き返しに期待したい。

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

山岸舞彩をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ