『マッサン』エリー 20年前の自分に「もっと日本語勉強を」

8月29日(土)7時0分 NEWSポストセブン

『マッサン』のエリーが髪をバッサリ

写真を拡大

 NHK連続テレビ小説『マッサン』でエリーを演じたシャーロット・ケイト・フォックス(29才)。9月5日21時から放送のドラマ『名探偵キャサリン』(テレビ朝日系)に出演し、自身初のアルバム『Wabi Sabi』(ユニバーサルミュージック)が発売中と大活躍中だ。


——もしも2年前の自分に、“あなたは2年後、日本のドラマに出演し、たくさんの人に愛されていますよ”と伝えたら、どんなリアクションをすると思いますか。


「ムリ! そんなのゼッタイに信じないと思う(笑い)。それくらい、日本でデビューできたことは私にとってアメージングなことで。初回のオーディションに合格したというメールを受け取った時も、信じられなくて、10回くらいメールを読みなおしたし、今でも時々、何で私はここにいるんだろうって思うことがあるくらいだから」


 くりくりした瞳を大きく見開き、いたずらっぽく笑った彼女は、でも…と、声をひそめた。


「もしも、20年前の自分に会えるなら、こう言ってあげたい。もっと日本語の勉強をしておいたほうがいいよって(笑い)」


 意味と感情を理解し、せりふは一言一句すべて丸暗記。何度も、何度も、覚えるまで繰り返し口にして撮影に臨んだ。


「ちゃんと言えるのか。これで合っているのか、不安で眠れなくなったこともありました。ここまで来られたのは、玉山(鉄二)さんをはじめとする共演者のかたや、スタッフのかたたちが、励まし、温かく見守り、肩をたたいてくれたおかげです。私にチャンスをくれた日本という国と、すべての人に、感謝しています」


撮影■藤本和典


※女性セブン2015年9月10日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マッサンをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ