moumoon・YUKAが謎の言葉「無くても死にはしない」「寂しい時につい触れてしまう」

8月29日(土)15時55分 Techinsight

moumoonの2人。2015.6.6投稿(画像は『YUKA Instagram』より)

写真を拡大


音楽ユニット・moumoon(ムームーン)でボーカルを担当するYUKAが謎の言葉をツイートして反響を呼んでいる。「無くても死にはしない」「もう要らないと思う時がある」などのワードを羅列しただけのつぶやきに、フォロワーも「わかりそうでわからない…眠れない」「答えを考え過ぎて画面がブラックアウトになっちゃった」と頭を捻っているが、なかにはそれらしい回答を思い当たった人もいるようだ。

ギターやキーボードなどの楽器に作曲・編曲を担当するKOUSUKE MASAKIと作詞・作曲もするYUKAの男女2人からなるmoumoon。毎月、満月の夜にはライヴを開催するというロマンティックなところがある。8月26日にYUKAが『moumoon YUKA(moumoon726YUKA)ツイッター』で突然、ナゾナゾのようなことをつぶやいたのもそんな遊び心なのだろうか。

「無くても死にはしない」
「もう要らないと思う時がある」
「かと言って川に投げ捨てたりは出来ない」
「寂しい時につい触れてしまう」
「そろそろ、念じるだけで届いて欲しい。念じるだけで!」

というものだ。

それに対して「愛」「恋心?」や「好きな人のこと」「ピンキーリング…」など思いついた回答が寄せられている。「やさしさ」「水晶」「相方のヒゲ」などいろいろな発想があるなかで「テレビのリモコンからのスマホ」「携帯電話!」辺りは近いのではないだろうか。

また、「ファイト!」「何かあったのですか? 自分は生きるって結構難しいなと思う冷たい雨の夜です」などYUKAを心配するコメントも届いている。正解を示して早く安心させて欲しい。

moumoonが8月12日にリリースしたニューアルバム『It's Our Time』から、収録曲『cocoon』の雰囲気たっぷりなLyric VideoがYouTubeで公開されている。今回のつぶやきを楽曲にしたらどのようなイメージになるのか興味深い。



※画像は『YUKA yukamoumoon Instagram』のスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

言葉をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ