オリラジ&NEWS『24時間テレビ39』のパフォーマンスに反響「音楽の力感じた」

8月29日(月)15時30分 Techinsight

中田敦彦、藤森慎吾(出典:https://www.instagram.com/charamegane0317)

写真を拡大


『24時間テレビ39』で放送されたオリエンタルラジオ率いるRADIO FISHがダウン症の少女と踊る“1億3千万人のPERFECT HUMAN”や、アイドルグループ・NEWSが盲学校とろう学校の生徒たちと披露した“総勢130名!よさこい大パフォーマンス”に感動した視聴者からツイッターで「こういう企画はホント素敵だなと思った」「音楽の力を感じました」などの反響があった。

今回で39回目を迎えた日本テレビ『24時間テレビ 愛は地球を救う』で、28日にオリエンタルラジオ(中田敦彦、藤森慎吾)が日本中で同時に踊る“1億3千万人のPERFECT HUMAN”に挑んだ。メイン会場の日本武道館ではオリラジの2人がダウン症の少女とその弟をリードしてRADIO FISHともに会場全体を巻き込み『PERFECT HUMAN』をパフォーマンスすれば、日本各地で踊る人々の姿がローカル局から中継された。

それぞれに振付通りではなくアレンジした踊りもあって現地の熱気が伝わった。熊本会場ではくまモンが登場したり他のエリアではトレンディエンジェルや宮根誠司なども参加して盛り上げたが、なにより武道館でオリラジと一生懸命に踊る姉弟の姿が輝いていた。『中田敦彦(picolkun)ツイッター』には「いい笑顔ですね! perfecthumanが大好きな女の子、楽しそうに踊ってました。きっとずっと大切な思い出になると思います!」「日本中をつないで心をつないで感動しちゃって涙出ました。TV見ていて、音楽の力を感じました」などのコメントが届いている。

メインパーソナリティーのNEWSは盲学校とろう学校に通う生徒26名によさこいサークル・早稲田大学“踊り侍”らと武道館で“総勢130名!よさこい大パフォーマンス”を披露した。体育館で生徒たちと練習するところもVTRで紹介され、小山慶一郎が手話で「普段は“けいちゃん”と呼ばれている」と自己紹介して和ませたり、手越祐也が考案したステップの目印を足元に貼るなどメンバーも一緒になって積み上げる姿が見られた。

生放送一発勝負の本番では文字通り一糸乱れぬよさこいパフォーマンスを繰り広げ、ろう学校と盲学校の生徒同士が助け合うシーンも見られた。「100%のパフォーマンスが出来たら奇跡だ」と言っていた先生が「今日は奇跡が起こりました!」と涙するほどの大成功だ。生徒たちも感動で泣きながら感想を話すなか、ろう学校の生徒がNEWSへ向けて書いてきた手紙を読みあげる。「これから何があるか分からないけど、私たちは胸を張って前に進んで行きたいと思います。この夏は私たちにとって宝物になりました。本当にありがとうございました」という言葉に、感想を求められた手越は顔をぐしゃぐしゃにしながら「しゃべれる状況じゃないです」と答えた。

ツイッターでは「NEWSよかった」という趣旨が多いなか「目、耳の不自由な生徒が挑戦 NEWSとよさこい大パフォーマンス こういう企画はホント素敵だなと思った」「NEWSと子どもがこの夏すべてをかけて作って。その思いがひしひしと伝わってきました。私も頑張らなきゃいけないんだなって。諦めないで進めばいつか良かったって思えるのかなって。踏ん張ろうかなって思いました」といった感想もつぶやかれている。

それぞれの企画に参加した人は障害があるなしに関わらず一生の思い出となっただろう。

出典:https://www.instagram.com/charamegane0317
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

NEWSをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ