六角精児の自主制作CD 平田敦子情報に興味津々「気になります」

8月29日(火)19時40分 Techinsight

六角精児CDのジャケ写(画像は『平田敦子 2017年8月25日付Twitter「六角さんの自主制作CD。」』のスクリーンショット)

写真を拡大

平田敦子が役者仲間の六角精児が自主制作したというCDを8月25日、『平田敦子(hiraatsu)ツイッター』にてツイートしている。彼女が「六角さんから買えます。六角さんを見かけたら是非お買い求め下さい」とつぶやいたところ、「六角さん、探さなきゃ?(笑)」「きになる〜〜!!」とフォロワーの関心を集めている。

六角精児は仲間とアコースティックサウンドの“六角精児バンド”を組んで下北沢で活動を続け、2014年にはアルバム『石ころ人生』でCDデビューしている。2017年2月にはシングル『只見線のうた』を発売した。

そのバンドとは別にフォークソング時代からシンガーソングライターとして活躍する下田逸郎の協力を得て作ったのがアルバム『六角精児と下田逸郎 唄物語「緑の匂い」』である。下田逸郎が歌う『セクシィ』や『踊り子』などの楽曲は石川セリや松山千春など数々のアーティストがカバーしており、桑名正博『月のあかり』で作詞するなど提供曲も多い。

六角精児も古くから下田逸郎ファンであり今回は夢のアルバムが実現したものだ。六角が下田逸郎作品を歌ったり朗読する13曲が収められ、なかでも『ひとひら』については下田がライブ感を出すために提案して一斉録音を行った貴重な音源である。

平田敦子のツイートから「六角さん見かけても予算無いと買えないのでいくらで買えるか聞いといて下さい。お願いします」「2800円です」というやりとりをはじめ、「六角さん家でも買えるそうです」「400枚あるんですよね。気になりますw」など情報が飛び交うが、実は2017年4月に発売されてHP『下田逸郎 ひとひらconnection』で通信販売しているようだ。

http://youtu.be/2sluMrbRuog

画像は『平田敦子 2017年8月25日付Twitter「六角さんの自主制作CD。」』のスクリーンショット

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

六角精児をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ