アンタ柴田&矢口真里 意味深2ショットに「恋人繋ぎで寝てほしかった」の声

8月29日(火)11時27分 Techinsight

新幹線車内での矢口真里と柴田英嗣(画像は『アンタッチャブル柴田 2017年8月28日付Instagram「矢口真里さん」』のスクリーンショット)

写真を拡大

お笑い芸人の柴田英嗣(アンタッチャブル)が28日のInstagramでタレント・矢口真里とのツーショットを公開した。この写真に柴田は「#わかる人にはわかる」とタグを付けているが、フォロワーも「したほうと、されたほう(笑)」と応じている。

『矢口真里 mariyaguchi_official Instagram』にも柴田英嗣とのツーショットが3枚投稿されており、同じ番組の大阪ロケのため移動中の新幹線車内で撮ったものだという。「柴田さんは昔から周りを気遣ってくれるとても優しい方。ほんと面白いし頭良いしリスペクトな先輩です!」と矢口。一方で柴田も「#しかし仕事のできる人だこの人は。」というから、バラエティ番組の共演者としてお互いを認め合っているようだ。

それにしても芸能史上に残るドロドロの愛憎劇の当事者だった2人。その立場は全く違うが、新幹線の車内ということから7月末に『週刊新潮』で不倫疑惑を報じられたあのカップルを思い出したフォロワーが多かったようだ。

「一線越えてません風ですね」「恋人繋ぎで、寝てください」「あの手つなぎ写真の再現してほしかったなぁ…」との声が寄せられ、また「うわぁぁコメント気遣う、フォロワー泣かせの写真だー」と困惑している人も見受けられた。

画像は『アンタッチャブル柴田 2017年8月28日付Instagram「矢口真里さん」』のスクリーンショット

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

矢口真里をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ