相葉雅紀や岡本圭人も虜!二宮和也の自慢「母のお手製梅干し」

8月30日(金)18時15分 アサジョ

 嵐は現在、結成20周年アニバーサリーを祝した5大ドームツアーを開催中。8月30日から9月1日までの大阪・京セラドーム大阪での公演を終えると、次は10月30日からの東京ドームだ。北海道、愛知、大阪、福岡のコンサート会場でメンバーが楽しみにしていることのひとつに、ホットミールやご当地名産の差し入れがある。特にスゴいのは、北海道と福岡。有名ラーメン店が丸ごと出張してくれるとあって、現場のテンションは高いようだ。

 対する東京公演の名物は何か。実は二宮和也の母のお手製梅干しだという。

「ニノのお母さんはいつも、大きな梅干しが4〜5個ほど入ったタッパーを5箱ほど持って、東京のコンサート会場に現れるそうです。その梅干しは、素人目で見ても高級品であることがわかるほど。味は、かなり甘め。コンサートで体力を消耗することを見越して、あえて濃い味付けにしているそうです」(芸能関係者)

 いつしか、首都圏近郊のコンサートでは、「今日も梅干しが来るかな?」と待ちわびる関係者が増加。相葉雅紀にいたっては、「俺、梅干しはニノのお母さんが持ってくるのしか食べられない」と断言したほどだ。それまでの相葉は、梅干しが嫌い。ニノママによって、克服したようだ。

「“ニノ梅”は、二宮にとって大きな自慢。かつてはHey!Say!JUMP岡本圭人の自宅にも送っていました。圭人は現在、俳優としてスキルアップするためにイギリスへ単身留学中。グループ活動は休止しています。お父さんは元男闘呼組・岡本健一。二宮は親子ともに親交があったので、2人が住んでいた自宅にマメに送っていたのでしょう」(前出・芸能関係者)

 健一は02年、嵐の初主演映画「嵐04150515−嵐のピカ★ンチな日々」の公開にともなって、関連写真集をカメラマンとして撮影している。人気爆発前の嵐に、事務所の大先輩が31日間も密着した貴重なフォトブックだ。その恩を二宮は、梅干しで返し続けていたというわけだ。当時の圭人は、小学生の低学年。健一から、「これは二宮くんからいただいたんだよ」と聞かされていたため、二宮を“梅干しのお兄ちゃん”と認識していたという。

 相葉や圭人を虜にした濃厚梅干し。今回のドームツアーでもお目見えするか!?

(北村ともこ)

アサジョ

「相葉雅紀」をもっと詳しく

「相葉雅紀」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ