「神聖かまってちゃん」生番組で大暴れ SMAP中居に「なると食べて」と迫る

8月30日(火)20時22分 J-CASTニュース

「神聖かまってちゃん」オフィシャルサイト

写真を拡大

   ロックバンド「神聖かまってちゃん」が2011年8月29日、23時50分からの音楽番組「カミスン!」(TBS系)に出演したが、ボーカル「の子」さんが曲をほぼ完全に無視、司会の中居正広さんに詰め寄るなど「放送事故レベル」の暴れぶりでお茶の間を驚かせた。




   神聖かまってちゃんはネットでの音楽配信から人気に火がつき、NHKのドキュメンタリー番組や映画の題材になるなど、今注目を集める若手バンド。と同時にの子さんのパフォーマンスの過激さでも有名で、たびたび話題を呼んでいる。



歌はほとんど無視、なるとを中居さんに差し出す

   神聖かまってちゃんはこの日2組目のゲストとして、「23歳の夏休み」を披露する予定だった。中居さんは「いじめ、ひきこもりなどの経験を元に曲を作り、10代の若者を中心に支持を集めている」とバンドを紹介したのち、「何やるかわからないんですって」とささやき、早くも不穏な雰囲気が漂う。


   黒い長髪を後ろで縛り、サングラス姿で登場したの子さんだが、曲が始まってすぐにボーカルを放棄、なぜか「なると」を手に、


「歌詞は関係ねえ!俺のなるとをみんなに食べてもらいたいのです」

と絶叫。カメラになるとを貼りつけると、サングラスを投げ捨て、


「カメラの前のみんな!みんなでなるとを食べてください!」

と目を剥いた。


   この間、演奏だけが淡々と続き、の子さんも思い出したように歌に加わっていたが、終盤はすっかり曲を無視。セットを抜け出し、「死して屍! 死して屍!」と連呼していた。


   さらにの子さんは、「中居さん、なるといりますか?」と中居さんのいるセットに乱入。「なるとは……大丈夫ですよ」と戸惑った様子の中居さんに、の子さんは構わず絡み続ける。他のメンバーたちが「の子さん、中居さんおびえてますよ」と呼び戻そうとするが、の子さんの耳には入らない。


   中居さんが苦笑しつつ、「リハーサルは大人しかったのに、本番になると……」と指摘すると、の子さんは「当たり前ですよ!僕は本番でやる男ですから」と胸を張り、会話がかみ合わないまま次のコーナーに移った。



中居さん「また来てよ!」

   ネットの反応では、多くの視聴者は「放送事故だろ…」「意味わからん」「めちゃくちゃじゃねえか」などとあっけに取られた様子だったが、もともとこうした「奇行」はの子さんの得意技だ。これまでにも野外ライブをしようとして警察に連行される、楽器を破壊する、かみそりで自分を切りつけ血まみれになる、局部を露出するなど、ライブやネット生放送で数々の派手なパフォーマンスを繰り返してきた。


   GLAYのHISASHIさんもツイッターでこの日の放送を、


「今日のかまってちゃんvs中居君は個人的に世界陸上超えwドロゥ」

と評価している。


   ネット上ではの子さんの暴れぶりに、中居さんが激怒したのでは?という声もあったが、かまってちゃんのマネージャーの劔樹人さんのツイッターによれば、中居さんも放送終了後の子さんらに、


「むしろ周りの人が恐縮してるよ!本番スイッチはいっちゃったんだ。また来てよ!」

と声をかけてくれたのことだった。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

神聖かまってちゃんをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ