現メジャーリーガーと交際、「夜が長くて、すごい」!? 元女子アナ「ヤラシイ暴露」はどこまで本当か

8月30日(金)18時24分 J-CASTニュース

   「年俸1億どころじゃないプロ野球選手と付き合っていた」「野球選手は夜も長い」—元KBC(九州朝日放送)のアナウンサーでタレントの長崎真友子さん(27)が、バラエティー番組でこんな発言をした。



   女子アナには清純なイメージも重要で、すでにフリーになった長崎さんにもKBC時代から応援しているファンは少なくない。かなり下品な暴露に、インターネット上では批判の声も上がっている。




「男をオトす時だけ博多弁。このテクでプロ野球選手ゲット」

   長崎さんが出演したのは、2013年8月20日と27日放送の「有田とヤラシイ人々」(TBS系)だ。


   20日の放送では、「男をオトす時だけ博多弁を使う」「このテクで見事プロ野球選手をゲットしました」と暴露。さらに「年俸は1億どころじゃない」「現メジャーリーガーです」とまで明かしてしまった。


   長崎さんはKBCの朝の情報番組「アサデス。」で、2008年から10年までスポーツコーナーを担当していた。このスポーツコーナーでは主に福岡ソフトバンクホークスの選手のインタビューなどを放送しているため、長崎さんが「ゲットした」というのは恐らくホークスの選手だろうと推測される。さらに「年俸1億以上」「現メジャーリーガー」というと、ともに11年までホークスで活躍した現トロント・ブルージェイズの川崎宗則選手、現ボルチモア・オリオールズの和田毅投手が浮上するが、和田投手は05年には結婚しているため、川崎選手ではないかとも推測できる。


   さらに27日には、「スポーツ選手は夜の方はスゴい」「野球選手は試合時間が長いので、夜も長い。サッカー選手は短い」と、「下ネタ」に話が及んだ。


   一方、番組出演のオーディションで「自宅のベッドはクイーンサイズ」と言っていたにもかかわらず、自ら撮影した家の中のVTRではセミダブルサイズのベッドが映っていた。これについては「テレビに出たかったのでちょっとだけ(話の中身を)増した」と告白、司会の有田哲平さんから「野球選手と付き合ったのも嘘なんじゃないの!?」と疑われていた。




「いい意見も悪い意見もうれぴーですよ!」本人あっけらかん

   「アサデス。」スポーツコーナーの前任は柴田恵理アナウンサーで、彼女は福岡ソフトバンクホークスの松田宣浩選手との結婚にともなってKBCを退社した。長崎さんが川崎選手と交際していたかどうかはともかく、ホークスの選手と密なつながりができるのは間違いなさそうだ。


   放送後、長崎さんのツイッターアカウントあてには「普通にめっちゃ面白い」「はっきり言うところが、いいね」など、好意的に見たファンからのリプライが寄せられたが、ネット上には「付き合ってたというより食われただけじゃ」「こういうクズがいるから女子アナが馬鹿にされる」「今まで以上に嫌いになった」など、批判意見も並んでいる。


   当の長崎さんはブログで「いい意見も悪い意見も…うれぴーですよ!当の本人はおおざっぱな性格+スーパーポジティブなので、あっけらかーんとしております」と書いているが、コメント欄には「本当ならガッカリだし本当でないならビックリだしちょっと混乱しています。東京という環境の中で今のカラを破りたいのかもしれませんがそういうことなのかな?今までのイメージが崩れてショックが尾をひきそうです」「どこまでが本当の話しかわからん 興味が半減した」と苦言も寄せられている。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

女子アナをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ