『仮面ライダー龍騎』独自の解釈を加えた龍騎が登場、可動するドラグレッダーも付属

8月30日(金)20時31分 マイナビニュース

特撮ドラマ『仮面ライダー龍騎』より、仮面ライダー龍騎がバンダイスピリッツのアクションフィギュア「S.I.C.」に登場。造形作家・浅井真紀氏の新たな解釈を加えた「S.I.C. 仮面ライダー龍騎」(13,200円/税込)として、2020年1月に発売される。

ミラーワールドの創造者である神崎士郎が創りだした装備という設定に、独自の解釈を加えて造形された「S.I.C. 仮面ライダー龍騎」。セットには巨大かつ可動するドラグレッダーも付属する。各部のジペッドスレッドの径を合わせており、ドラグシールドをドラグレッダーから取り外して本体に装着することが出来る。

ガンメタの部分が神崎士郎の作成した装備、赤の部分はミラーワールドで実体化した部分、という解釈で直線と曲線の交わる造形に。ドラグレッダーからドラグセイバーやドラグシールドを取り外し本体に装備でき、ストライクベントもドラグレッダーの組み合わせで表現する。

(C)石森プロ・東映

マイナビニュース

「仮面ライダー」をもっと詳しく

「仮面ライダー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ