篠原涼子&渡辺直美対談 制服シーンカットで監督に抗議

8月30日(木)16時0分 NEWSポストセブン

篠原涼子と渡辺直美が映画『SUNNY』撮影秘話語る 

写真を拡大

 ギャル全盛の1990年代、安室奈美恵に憧れたあなたも、SNSに翻弄されながらも現代を生き抜くあなたも、世代を問わず楽しめる映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』(8月31日公開)。笑いあり、涙あり、そして懐かしさもある作品の魅力とは。同作に出演する篠原涼子(45才)と渡辺直美(30才)が対談した。


篠原:『SUNNY』で印象に残るシーンといえば、やっぱり、あのカットじゃない?


渡辺:あぁ〜…(苦笑)。本当は大人チームが女子高生の制服姿でカラオケを歌うシーンがあったんですよ。ケーキもいっぱい食べて、アドリブでしゃべりまくって、朝から晩までかかって。それが全〜部カット!


篠原:大根仁監督から「必要ないと思ったんで」ってあっさり言われて。えー、楽しみにしてたのにっていう(笑い)。


渡辺:もうこれは本当に、大根監督への正式な文句です(笑い)。


篠原:でも「いい作品になる!」っていう感覚は撮影初日からありました。ダンスシーンがいいんだよね。長男も映画を観てくれたんだけど、「今まで観た映画の中でいちばん面白い」って言ってもらいました。まだ10年しか生きてないけど(笑い)。子供でも楽しめる映画です。


渡辺:えー、すごい素敵! 篠原さんって1990 年代当時、バリバリに活躍されていた“向こう側”の人ですけど、当時どんな感じでした?


篠原:すごく歌手をやりたかったので歌えるだけで幸せだったけど、歌っては次の現場で歌ってっていうのを繰り返していて、毎日寝不足で。寝ながらメイクしてもらったり、しゃべってるけど寝てるって感じだったな(苦笑)。


渡辺:今でも『恋しさと せつなさと 心強さと』をカラオケで歌われたりします?


篠原:うん、子供たちから歌ってって言われるとね。YouTubeで検索されて、歌ってたことがバレてるから逃げられない(笑い)。この間のママ友会では私が恥ずかしがったら、代わりに息子が歌ってくれたけど。


渡辺:いい話ですね〜。私の思春期ってコギャルじゃなくて、その下のヤマンバギャル世代なんですけど、なんでしょう、自分たちがいちばん強いと思ってましたね。ファミレスでバイトしている時は、16才なのに店長にもガンガンタメ口で注意してましたし(笑い)。今思うと、大人がどれだけ我慢してくれてたんだろうって思います(苦笑)。


篠原:今ってSNSがあるから会わなくてもコミュニケーションが取れる。私たちの時代はポケベルもないから会わないと何も始まらなかった。この作品を観て、人と触れ合う楽しさを感じてもらえたらいいなって思います。


『SUNNY 強い気持ち・強い愛』

 1990年代、夢と刺激を謳歌していた女子高生6人組“SUNNY”。20年以上の時を経て、専業主婦の奈美(篠原)は仲間を再集結しようと奮闘する。当時流行したTKサウンドやファッションにも要注目の、笑って泣ける青春音楽映画。8月31日公開。


撮影/SASU TEI


※女性セブン2018年9月13日号

NEWSポストセブン

「篠原涼子」をもっと詳しく

「篠原涼子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ