星野源が演じる侍は違和感あるがハマり役と言えるワケ

8月30日(金)16時0分 NEWSポストセブン

『引っ越し大名!』に主演する星野源

写真を拡大

 星野源が約6年ぶりに実写映画主演を務めた時代劇コメディー『引っ越し大名!』(8月30日公開)。星野が演じたのは、引きこもりの侍。引っ越し(国替え)の責任者を命じられ、奮闘する姿が描かれる。時代劇研究家でコラムニストのペリー荻野さんが指摘する。


 * * *

 話題の映画『引っ越し大名!』は、『のぼうの城』の犬童一心監督、『超高速!参勤交代』の土橋章宏原作・脚本、主題歌がユニコーン。時代劇好きとしては、すぐさま駆けつけ案件である。早速、駆けつけてきた。


 物語は、突然、幕府に姫路から大分に国替え(引っ越し)を命じられた姫路藩で、これまた突然、『引っ越し奉行』を命じられた引きこもりの書庫番藩士・片桐春之介(星野源)と、腕っぷしの強い幼なじみ(高橋一生)、前引っ越し奉行の娘で片付けのプロ(高畑充希)ら彼を助ける仲間たちの奮闘を描く。

 

 私が、まず注目したのは、「引きこもり侍」のビジュアルである。城の書棚のせまい隙間でへらへらと楽しそうに本を手にする春之介。武士だから、ちょんまげがあるのだが、何か違和感が。おお、そうだ。春之介には、ふさふさとした前髪があるのである。おまけにまげもちょこんとしていて、正面から見るとどこにあるのかよくわからない。ハムスターのしっぽか。


 江戸時代の男子といえば、額から頭頂部にかけて毛を剃ってつるつるにして「月代(さかやき)」と呼ばれる部分を作ることが多い。これは兜をつけた際に頭が蒸れないようにするためなどと言われるが、ここが剃りたてで青々としていることが、当時のモテ男の条件だったともいう。


 春之介の髪型は、彼がいかにモテ男とは対極な存在なのかを、一発で表現しているのである。


 また、春之介の着物もなかなかだ。職場である城では、みんなと同様、裃(かみしも)姿なのだが、これもちょっと違和感が。両肩が三角に張り出して見える「肩衣(かたぎぬ)」は、微妙に小さめでよれよれしている。袴もつんつるてんで、なんだか半ズボンぽく見えてくるのである。


 時代劇で「できる武士」といえば、りっぱな裃姿が思い浮かぶ。肩衣はでかくて尖りまくり、袴もすらりとして、堂々とした印象だ。実際、この映画でも、江戸幕府の出世頭・柳沢吉保(向井理)の肩衣は、ピシーッとしてでかい。映画スタッフは、春之介のキャラクターを伝えるために、細かなアイデアをいろいろ盛り込んでいるのである。


 しかも、このキャラクター表現で驚くのは、「春之介はリアル武士としてはかなり違和感があるが、星野源にはとっても似合っていて違和感がない」ということだ。私もこんなにハムスターしっぽちょんまげが似合う俳優を他に知らない。まげが小さめの殿様、若旦那は過去にも大勢出てきたが、それとは似て非なるものなのである。


 なお、星野源が人づきあいが苦手な人物を演じると聞いて、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』を思い出す人も多いはず。春之介も目を泳がせ、ぽかんと口を開け、急に慌てるなど、絶妙な動きを見せる。こういう動きを期待される俳優は、日本にはめったにいないが、星野源は期待を裏切らないのである。「恋ダンス」も懐かしい。この映画には野村萬斎振付・監修による独特の振りがついた「引っ越し唄」がある。「恋ダンス」の振付がマスターできなかった人でも、盆踊りくらいの速さで踊る「引っ越し唄」ならなんとかできるかも。人のまげをハムスターのしっぽとか言ってるわりにダンスがまったくできない私も妙に安心しました。

NEWSポストセブン

「星野源」をもっと詳しく

「星野源」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ