イギリス留学中の息子が退学に… 「人種差別を感じた言葉」とは

8月30日(金)20時1分 しらべぇ

勉強する少年(Milatas/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「あなたの息子(娘)さんは退学です」。もし学校の先生や校長にそう告げられたら、子育て中の親は大きなショックを受けてしまうだろう。

しかし、中には海外の学校に留学中の子供が、なかば理不尽な形で退学になってしまうこともあるようだ。元銀座NO.1ホステスで、作家・実業家の鈴木セリーナのブログが注目を集めている。


■留学に至った経緯

9歳から長男がイギリスに留学している鈴木。その理由は、彼が持つ特異な能力にある。

鈴木自身はもともとヤンキーだったそうだが、長男は6歳の時点で「オモチャ代わりに与えたパソコンに入ったウィルスを駆除する」「ゲーム攻略ブログで人気NO.1になる」「5,000円で仕入れたゲームソフトの言語を組み換え、初期段階で最強に設定したソフトに改造、8,000円で友達に売却してPTAで問題になる」などの行動をとっていた。

鈴木がブログ中で明言しているワケではないものの、いわゆるギフテッド的な側面が強く出ていたようだ。


関連記事:学校を中退したことがある人は2、30代に集中? 逮捕歴との関連性も判明

■日本人の息子だけ退学

こうしてイギリスに留学した鈴木の長男は、語学学校を経て、それ以外も学ぶことができる寄宿学校へ。しかし、そこでまた問題を起こしてしまう。18禁サイトを閲覧できないようにセキュリティがかかった学校のWi-Fiを改造し、全サイトにアクセスできるようにしてしまったのだ。

そして現地に呼ばれることになった鈴木。「Wi-Fiを改造してはいけないという校則はない」と訴える長男に校長は冷酷に退学を告げるなか、共犯者であるイギリス人、ロシア人の子供は残れる可能性が高いと、現地のコーディネーターが教えてくれることに。

その理由は「あまり言いたくはありませんが…何かあったとき、アジア人は不利なんです」というものだった。

■差別は普段からあるわけじゃなく…

これに対し、鈴木が「それって差別じゃないですか?」と尋ねたところ、「普段から差別があるわけではなく先ほど申し上げた通り、『何かあったとき』に不利なんです」と答えるコーディネーター。

この直前、鈴木は同校の生徒が起こす問題で多いのが酒やマリファナ等のドラッグだと聞いていたため、「それに匹敵するほど悪いことか?」「これが人種差別の現実ってやつか」と思うことになったと綴った。

その後、長男は新しい学校に転校。自身の身に起こった人種差別という現実を深く噛み締めたのか、大きな問題を起こすことはなくなったという。


■中退経験者は1割

しらべぇ編集部では以前、全国20〜60代の男女1,537名を対象に「中退経験の有無」について調査を実施。その結果、全体の10.6%が該当した。男女別では男性が13.1%、女性が8.1%と男性が5ポイント高く、男性のほうがやや中退しやすい傾向があるようだ。

中退

差別は普段から目に見える形で存在しているワケではなく、なにか問題が起こったときにあらわれてくるもの……鈴木の息子の能力に驚くとともに、非常に考えさせられるエピソードであった。


・合わせて読みたい→「腐ってんな、お前」 ビッグマミィ・美奈子の夫、治験やりたい長男に激怒


(文/しらべぇ編集部・宝田洸太



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2018年10月19日〜2018年10月22日

対象:全国20代〜60代の男女1,537名(有効回答数)

しらべぇ

「留学」をもっと詳しく

「留学」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ