乃木坂46・西野七瀬、2冊目の写真集に予約殺到で大ヒット確実! “地味メン“が努力と秘めた情熱でトップアイドルに

8月31日(水)20時0分 メンズサイゾー

 乃木坂46の人気メンバー・西野七瀬(22)の2冊目のソロ写真集『風を着替えて』(集英社)が9月22日発売される。すでに美しすぎる先行カットが複数公開されており、予約段階6でAmazonの写真集部門の1位を獲得するなどファンの期待が高まっている。


 同作はマルタ共和国とイタリアで撮影され、歴史あるヨーロッパの町並みで見せた西野の新たな一面が感じられる作品となっている。胸元をあらわにしたセクシーな写真もあるが、有無を言わせぬ西野の美貌は街角に立っているだけでも魅力的。巻末には西野が書き下ろした旅行記があり、一緒に旅行している気分になれる一冊だ。


 2015年2月にリリースしたファースト写真集『普段着』(幻冬舎)は約7万部の売り上げを記録。「オリコン年間"本"ランキング」で総合6位に入る大ヒットとなった。今作はそれ以上のヒットが見込まれており、カメラマンは『未来ちゃん』(ナナロク社)で講談社出版文化賞写真賞を受賞するなど話題の写真家・川島小鳥、ブックデザインは巨匠・祖父江慎と鉄壁の布陣。西野の人気をさらに決定づける作品となりそうな気配だ。


 アイドルとして順風満帆に見える西野だが、その歩みは決して平坦ではなかった。グループ加入当初は「不人気メン」のひとりに数えられるような状況だったのだ。


「2012年にリリースされた乃木坂46のデビュー曲『ぐるぐるカーテン』ではセンターが生駒里奈(20)、2列目は『乃木坂御三家』と呼ばれた白石麻衣(24)、橋本奈々未(23)、松村沙友理(24)が並び、西野は"福神"と呼ばれるフロントメンバーにすら選ばれずに最後列の扱いだった。自己主張をあまりしないタイプだったことが運営サイドからの低評価につながっていたのでしょう。しかし、元来の努力家なこともあって徐々に頭角を現し、その美貌と人柄に魅了されるファンが続出。2014年の8枚目のシングル『気づいたら片想い』で初のセンターに抜擢され、現在はシングル15作中4作のセンターを任されるなどグループ一、二を争う人気メンバーになっています」(アイドルライター)


 アイドルと並行してファッション誌「non-no」(集英社)の専属モデルとしても活動。当初は「乃木坂メンバーはいらない」などと女性読者からバッシングがあった。だが、女性から見ても憧れる美貌と「普段は寡黙だけど情熱を秘めている」という内面に引かれる女性が続出。着実に女性ファンも増加させ、今年7月には同誌で初の単独表紙モデルに起用された。


「乃木坂の中では白石が女性支持で圧倒的なナンバーワンでしたが、それに西野は肉薄。松村が不倫スキャンダルで凋落したこともあり、男性ファンを含めた総合的な人気でも実質的なナンバー2といえるまで成長しています。それだけに2冊目の写真集は需要が高く、どのような姿を見せてくれるのか期待せずにいられない。この写真集が大ヒットとなれば、西野が乃木坂の頂点に立つ可能性もあります」(前同)


 すでに乃木坂46の人気は本家のAKB48グループを超えたといわれて久しく、乃木坂の頂点はアイドル界の頂点ともいえる。決して派手なタイプではなかった西野だが、その美貌と胸に秘めた情熱、絶え間ない努力によって世間の評価を勝ち取ってきているようだ。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)

メンズサイゾー

「西野七瀬」をもっと詳しく

「西野七瀬」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ