元AKB48・大島涼花、モバイル動画の次世代タレントを擁するCandeeに所属 10月舞台主演、12月映画出演も決定

8月31日(木)11時44分 オリコン

8月から株式会社Candeeの所属となった大島涼花。

写真を拡大

 元AKB48・大島涼花が、8月よりモバイル動画を軸に、メディア事業、広告事業、タレントマネジメント事業を展開する株式会社Candeeに所属。10月から舞台主演、12月には映画出演が決定。31日20時からは「LiveShop!」で料理トーク番組「LiveShop!『大島涼花のクッキング』」をライブ配信する。

 今年6月にAKB48グループを卒業した大島は、8月より株式会社Candeeに所属してタレント活動を開始。31日20時からは、Candeeが運営するソーシャルライブコマース「LiveShop!」にて、料理を作りながらのトーク番組をライブ配信する。今後は、10月12日から上演される舞台『白と黒の同窓会〜まさかのダブルブッキング編〜』に主演。コンセプト型音楽チーム「ゴッホの休日」の新作楽曲のゲストボーカルを務めるとともにMV(10月下旬公開予定)にも出演。12月3日公開予定の映画『四国遍路88サイクリング』への出演が決定している。

■大島涼花プロフィール

1998年10月21日生まれ、神奈川県出身。2011年9月、AKB48第13期研究生オーディションに合格し、同年12月に劇場デビューを果たす。2014年11月には『希望的リフレイン』で初めて選抜メンバー入り。2016年3月にチームB副キャプテンに就任した。2017年6月8日、同グループを卒業。現在は女優として舞台や映画など、新たなステージで活躍している。2017年8月よりCandeeに所属。

オリコン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

映画をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ