綾瀬コンクリ殺人の犯行グループのその後 4人中3人が再犯

9月1日(土)16時0分 NEWSポストセブン

当時の少年たちは、出所してわずか数年で再び犯行に手を染めていた

写真を拡大

 8月19日、埼玉県川口市で、32才男性の首を刃渡り8cmの折り畳み式ナイフで刺したとして、45才の男が殺人未遂容疑で逮捕された。この男は川口市の無職、湊伸治。彼は、約30年前に日本中を震撼させた「東京・綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件」の犯行グループの1人である。


 犯行グループの主犯格の少年A(当時18才)は、中学の後輩のB(当時17才)とC(当時15才)、D(当時16才)と共に、たまり場だった東京都足立区綾瀬の住居2階に少女を連れ込んだ。この家はCが両親と同居する自宅だった。そして、このCが湊容疑者である。


 少年たちは少女を監禁。凄惨な暴行の末、殺害し、遺体をドラム缶に詰めてセメントを流し入れて東京都江東区の埋立地に遺棄した。


 1989年3月、別の婦女暴行容疑で逮捕されたAの自白によって遺体が発見され、事件は明るみに出た。裁判の結果、Aが懲役20年、Bが懲役5年以上10年以下、Cが懲役5年以上9年以下、Dが懲役5年以上7年以下で量刑が確定した。


 その後の彼らの人生は、更生への期待を裏切るものだったと言わざるをえない。


 主犯格のAは2009年に刑務所を出所した後、養子縁組をして名前を変えた。それから3年半後の2013年1月、振り込め詐欺の容疑で逮捕された。


「無作為に全国の個人宅に電話をかけ、『パチンコ必勝法』の情報料名目で現金を騙し取る詐欺グループの一員とみられましたが、取り調べに黙秘を貫いて不起訴処分で釈放されました。Aは逮捕時に定職についておらず、アルバイト感覚で手を染めた可能性があります」(捜査関係者)


 出所後のAについて、彼らの“その後”を追ったあるジャーナリストが語る。


「Aはキックボクシングのジムに通っていて、よく後輩をバーベキューやキャバクラに連れて行っていた。BMWを乗り回して高級腕時計やブランド品を身に着けていた。“暴力団とつながりがある”と吹聴していて、マルチ商法で儲けていたそうです。セックスの話が大好きで、“100均の縄で女を縛るのが好き”と自慢していた。“都内の振り込め詐欺グループには知り合いが多い”とも言っていました」


 しかし、Aは周囲で自身があの事件の犯人であることが噂され始めた直後、姿を消したという。現在の行方は知れない。


 裁判中に深い悔悟の態度を見せたBは1999年に満期で出所した。受刑中にパソコンのスキルを学び、出所後はIT関連の仕事をしていたが、前科が知られ人間関係に行き詰まり、退職後は暴力団の構成員になった。


 出所からわずか5年後の2004年、Bはあの事件を彷彿とさせる騒動を起こす。



「“おれの女をとっただろう”と知人に因縁をつけて車のトランクに押し込み、母親の経営するスナックで5時間にわたって監禁して暴行を加えたんです。Bは事件を起こす直前、コンクリ詰め殺人について、“面白かったけど相手が簡単にしゃべらなくなり、抵抗しなくなったのでつまんなくなった。抵抗しているうちは楽しかった”と話し、知人を暴行する際は“おれは人を殺したこともある。殺すぞ”と脅したそうです。これでは、裁判中の反省はポーズと見られても仕方ありません」(全国紙社会部記者)


 Bは逮捕監禁致傷で懲役4年の実刑判決を受け、2009年に2度目の出所をした。


 冒頭の暴行事件で逮捕された湊も出所後は定職につかず、近所の評判は悪かった。


「2か月ほど前に引っ越してきたんですが、いつも短パンにTシャツで肩で風を切って歩き、周りを睨みつけて威嚇していた。“キエー!”“ウォー!”と奇声を発することもあり、身の危険を感じて目を合わさないよう注意していました」(近所の住民)


 残るDは1996年に出所後、地元を離れて母親と一緒に暮らしていたが、家にこもりがちになったといい、消息はわからない。


 実に犯行グループの4人中3人が再犯しているのだ。


※女性セブン2018年9月13日号

NEWSポストセブン

「殺人」をもっと詳しく

「殺人」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ