山口達也、恩人・ジャニー氏の誰にも語ったことがない思い出

9月1日(日)7時0分 NEWSポストセブン

1年4か月ぶりに取材に応じた山口達也

写真を拡大

 ジャニーズ事務所退所からはや1年4か月。元TOKIO山口達也(47才)が沈黙を破り、本誌・女性セブンの取材に答えた。


 昨年4月、テレビ番組で知り合った女子高生を自宅に呼び出し、酒に酔った状態で強引にキスを迫るなどして強制わいせつ容疑で書類送検(後に起訴猶予処分)された山口。5月にはTOKIOから脱退し、ジャニーズ事務所も退所した。


 山口が表舞台から消えてから、ジャニーズ事務所には大きな動きがあった。今年6月18日にくも膜下出血で倒れ、緊急搬送されたジャニーズ事務所社長・ジャニー喜多川さんは、意識不明のまま7月9日に他界。その間、ジャニーズの所属タレントたちは病院に集結し、ジャニーさんとの別れを惜しんだ。山口は病院にもその後の家族葬にも出席していない。


 山口にジャニーさんへの思いを聞いた。


──ジャニーさんは山口さんにとってどんな存在でした?


「人生の恩人ですよ。そもそもTOKIOは、姪のジュリーさんのプロデュースとしてデビューしました。ジャニーさんは現場に来る立場ではなかった。でも、デビュー前、コンサートのゲネプロの時、公演会場にやって来たんです。チラッと見たら1階の客席で寝ていました。しばらくして見たら今度は2階の客席で寝てる。また見ると次は3階で寝てる。


 ゲネプロが終わって楽屋で“YOUたちの演奏がくだらないからぼくは寝ちゃったよ。本当につまらないね”って。でも、その後にアドバイスをくれるんです。“YOUの立ち位置を変えた方がいい”とか。ジャニーさんは、客席を移動していろんな角度からメンバーがどう見えるかチェックしていたんです。寝たふりをして。


 デビュー直前のある日のイベントで、司会のかたに“歌ってみていかがでしたか?”ってマイクを向けられた長瀬(智也・40才)が“いやぁ、緊張してうまく歌えなかったです”と答えたことがありました。楽屋に戻ると、いないはずのジャニーさんがいて、猛烈に怒ってるんです。“緊張してるなんて言わないでよ! YOUたちプロなんだから! TOKIOは最悪だね”って。


 デビューしてからしばらくは私たちのコンサートの楽屋にこっそり現れては、“最低だったよ”“あのMCはつまらないね”と文句ばかり言われて…ジャニーさんに嫌われてるんだ、って本気で思っていました。ある時までは。


 しばらくして、後輩たちがこんなことを言うんです。“ジャニーさんがTOKIOを見習えっていつも言うんです”。V6とかKinKi Kidsに“TOKIOは最高だよ。TOKIOは本当にすごい。YOUたちには同じことできないよ”ってめちゃくちゃ褒めてくれていたんです。それがわかったのはデビューから数年後のことでした。私たちを頑張らせるために敢えて厳しく言ってくれていたんです」


──個人的な思い出はありますか?


「今まで誰にも言ったことがない話があります。私のオーディションの時の話です。ジャニーズの入所が高校2年生で、かなり遅い方なんですね。芸能界なんてまさかと思っていた時に、ジャニーズから1次審査合格の封筒が来たんです。《2次審査は○月○日○時から〜〜》と書いてあったけど、どうせ受からないだろって。


 その時、ガソリンスタンドでバイトしてて、2次審査の当日もバイトしてて、でも、どこかで気になっていたんでしょうね。ズボンのポケットの中に合格通知を入れていました。ガソリンを入れながらバイトの先輩に、“こんなの来たんですけど。今から六本木は間に合いませんね”って。埼玉の片田舎からだから1時間半はかかります。そしたら先輩が“てめえ仕事してる場合か! 今すぐ行って来い”って言ってくれて。生まれて初めて六本木に行ったんです。


 面接会場に着いた時はもう2時間近く遅刻していました。“すみません”と言いながら会場に入ると、ジャニーさんは私を無視して“はい、次は個別(面接)ね”って。で、個別面接でのジャニーさんの言葉は短かった。“高校2年生…YOU、おじさんだね。来週から来て”。それから私の芸能生活が始まりました。


 デビューから10年が経ったある日、ジャニーさんからこう言われました。“YOUさ、あの時って計算だよね? オーディションの日、わざと遅刻したでしょ”って。否定したんだけど、“YOUの作戦だね。確かにぼくの目に留まった。だからYOUを取った”って。


 そんなふうに思われていたなんて知らなかった。ジャニーさんは恩人です。あのまま地元で暮らしていたら、芸能人としての夢のような生活は送れなかった。私はその後、自分で夢の生活を壊した。それだけじゃない。恩人のジャニーさんにもあり得ないほど大きな迷惑をかけた。本当に自分に腹が立ちます…」


──ジャニーさんが倒れた時、連絡は入ったのですか?


「はい。そこだけは特別にメンバーと連絡を取り合って…私は部外者だったから病院も家族葬も行けませんでした。家族葬の時は、逐一連絡をもらっていました。今、棺に入ったよ。今、火がついたよって…涙が止まらなかった」


──9月4日のお別れ会の案内状は届いていると思います。


「行くとか行かないとか言える立場じゃないです。ジャニーさんにお会いしたい思いはありますが、今の私が行くと迷惑がかかる。ちゃんと社会復帰できた時に、ジャニーさんのお墓にご報告に行かせていただこうと考えております」


※女性セブン2019年9月12日号

NEWSポストセブン

「山口達也」をもっと詳しく

「山口達也」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ