妻の不貞に「興奮」する!?つるの剛士、妻への“異常な愛情”に賛否の声

9月2日(日)9時59分 アサ芸プラス

 現在2男3女、5人の子供の父親で“イクメン”タレントとしても活躍中のつるの剛士が、8月24日に放送されたバラエティ番組「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)に出演。そこで明らかになった妻への“異常な愛情”に驚きの声が上がった。

 番組では、つるのは元スタイリストの妻と今年で結婚15年目を迎え、“理想のパパ”としてベストファーザー賞や「イクメンオブザイヤー」を受賞したことも紹介。しかし「奥様を愛しすぎるあまり、異常な父親ではないか」という疑問が持ち上がった。

「つるのはスマホの待ち受け画面を、妻との2ショットにしているほどの愛妻家。イクメンで知られる彼ですが、子供たちについては『早く夢を見つけてもらって家から出ていってほしい』とコメント。その理由が、何でも妻と早く2人きりになりたいから。さらに『出会った時より今のほうが好き』『子供を産めば産むほど艶っぽい』など、“愛妻コメント”のオンパレード。これには驚きました」(テレビ誌記者)

 つるのは、実際に待ち受けにしている画像を披露。そこには、水辺をバックに写る夫婦の姿が。しかも身体をぴったり寄せ合い、肩まで組んでいる。この写真を見た松本人志は、思わず「脚、密着してるなぁ」と突っ込みを入れていた。

「さらに、事前取材で用意されたフリップに書かれた妻にはぜひ不貞をしてほしいという項目を番組レギュラーの坂上忍が発表。つるのにワケを聞くと不貞を『するぐらいキレイでいてほしい』という意味だと言い訳した。これに坂上が、実際には妻に不貞されたくないのか確認すると、つるのは何と、『いやぁ、でも(不貞されたら)ちょっと興奮しますね』と言い放ったんです」(前出・テレビ誌記者)

 この放送を観た視聴者からは、ツイッターで「愛妻家の内容見たら変態過ぎてますます好きになった」「つるの剛士みたいな愛妻家の旦那さん欲しい」というコメントから「(不貞を)肯定する発言しているとか、人としても子を持つ親としても最低だと思います」「子供が不憫」などの辛口意見も上がっている。

「つるのは、過去に2回“育休”を取り、芸能界の仕事をすべて休んだことがありました。妻の子育てを心配してのことでしょうが、ここまでやる男性タレントはつるのくらいではないでしょうか」(放送作家)

 凡人には理解しがたいところもあるが、とにかく、妻をこよなく愛していることは間違いなさそうなつるの。そういう意味では6人目の子供ができる日も近い?

(窪田史朗)

アサ芸プラス

「つるの剛士」をもっと詳しく

「つるの剛士」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ