松本伊代が完コピした欅坂46「サイレントマジョリティー」に驚きの声

9月2日(月)9時59分 アサ芸プラス

 8月22日放送の「UTAGE!令和の夏!挑戦の夏!3時間SP!」(TBS系)で、欅坂46の「サイレントマジョリティー」を、松本伊代松本明子森口博子、MAX、峯岸みなみの8人が完コピ披露した。

 MAXの4人はキレッキレの圧巻ダンスパフォーマンスを見せ、峯岸も現役アイドルらしく、そつないダンスを披露。

 元祖アイドルの3人もミスなくダンスを踊り、特にセンターを務めた伊代に対しては「びっくりするほど踊れてた」「踊りながら歌もちゃんと歌ってた。音程もしっかりしてた」など、ネット上では驚きの声が続出したようだ。

「伊代はお笑い芸人にモノマネされることが少なくありません。モノマネされる時には必ず鼻にかかった声で上手とはいえない『センチメンタル・ジャーニー』を歌われているので、世間にはモノマネ芸人の歌声が本人の歌声だと勘違いされている場合が多いのかも。そのため『サイレントマジョリティー』だけでなく、当時の森高千里をまねた衣装で松本明子と一緒に歌って踊った『17才』でも、森高に劣ることない美脚と安定した音程を披露したため、若くてきれい、さすが元祖アイドルと驚かれたようです」(女性誌記者)

 夫のヒロミとの仲もよく、長男の小園凌央も放送中のドラマ「べしゃり暮らし」(テレビ朝日系)では間宮祥太朗演じる主人公・上妻圭右の同級生役で出演中という充実ライフを迎えている伊代。10月に予定されている次回の「UTAGE!」でも、新たなるチャレンジを披露してほしい。

アサ芸プラス

「松本伊代」をもっと詳しく

「松本伊代」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ