田中みな実、「暴走する艶言動」の裏にあった「性衝動」と「新戦略」とは?

9月3日(火)5時58分 アサ芸プラス

「私、欲求不満なのかもしれない。やばいですね、ごめんなさい」

 番組中に抑え切れない性衝動をリスナーに謝罪するのは、フリーアナの田中みな実(32)だ。

 8月24日放送の「田中みな実 あったかタイム」(TBSラジオ)では、ゲスト出演したタレントの横澤夏子(29)をドン引きさせるほど、艶っぽい発言を連発していた。パートナーとの理想的なコミュニケーションについて、田中は一例として、「氷の口移しとか」と提案。それに横澤が「それは私、気持ち悪くなっちゃう」と嫌悪感を示したが、まったく気にすることなく話を続けて、

「さくらんぼの口移しとか。今やらせてもらっているドラマでそういうシーンがあって、『これ全部やったことあるな〜』と思って見てました」

 と、豊富なキス経験があることまで告白している。

 田中が現在出演中のドラマとは、インターネットテレビ局のAbemaTVで放送されている水野美紀(45)の主演ドラマ「奪い愛、夏」のこと。

「マッチングアプリの運営会社に勤める小池徹平(33)演じる桐山椿は、同じ広報部の松本まりか(34)扮する空野杏と交際していました。しかし突然、社長の花園桜(水野)から、『1億円で私と結婚しなさい!』と命じられ、泣く泣く受け入れることに。その中で、田中は杏の同僚役・井川瞳を熱演しています」(テレビ誌ライター)

 ラジオで田中が「これ全部やったことあるな〜」と言っていたのは、妻となった桜の目を盗んで、逢引きを重ねている椿と杏のラブシーンのことで間違いないだろう。

 9月3日発売の「週刊アサヒ芸能」9月12日号ではそんな、田中の暴走気味な色香言動の裏にある「性的願望」を大研究。10月からは連続ドラマ「モトカレマニア」(フジテレビ系)のレギュラー出演も決まり、女優業にも本格進出した美女アナの「過激にして妖艶な戦略」に迫っている。

アサ芸プラス

「田中みな実」をもっと詳しく

「田中みな実」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ