『真・女神転生Ⅲ』リマスター版のPV第2弾が公開。東京受胎の発生によって崩壊したトウキョウ、「コトワリ」を掲げる人間たちによる争いが映像に

9月3日(木)13時2分 電ファミニコゲーマー

 アトラスは、10月29日(木)発売予定のNintendo Switch、PlayStation 4向けRPG『真・女神転生Ⅲ NOCTURNE HDREMASTER』に関して、第2弾のプロモーション映像を公開した。

 本作は、アトラスより2003年に発売されたPlayStation 2用ゲームソフトのリマスター版。グラフィック品質の向上をはじめ、オンオフ切り替え可能なボイスが追加されているほかに、『真・女神転生』シリーズ未経験者でも安心して物語に没頭できる新難度「MERCIFUL(マーシフル)」が無料ダウンロードコンテンツとして配信予定だ。

 今回公開された映像では本作のストーリーを中心に紹介している。「東京受胎」の発生によって崩壊した「トウキョウ」は、悪魔の巣くう「ボルテクス界」へと姿を変え、新世界創生の理念となる「コトワリ」を掲げる人間たちを中心に争いは激化。「コトワリ」を掲げ、人ならざる者へと変質した、かつての友たちが映像では映されている。様々な「コトワリ」に触れた主人公は、最後に「どんな世界」を選択するだろうか。

 このほか、プロモーション映像の第1弾や『デビルメイクライ』シリーズからのゲストキャラクター「ダンテ」が登場するダウンロードコンテンツ「マニアクスパック」の紹介映像、今作へ登場する悪魔を紹介する「悪魔全書PV」も公開されている。まだチェックしていない映像があればあわせてチェックしていただきたい。

『真・女神転生III-NOCTURNE』公式サイト

文/tnhr

ライター
tnhr
メイプルストーリーで人との関わり方を学び、ゲームのゲームらしさについて考えるようになる。主にRPG、アドベンチャーゲーム、アクションゲームの物語やシステムに興味のある学生。
Twitter:@zombie_haruchan

電ファミニコゲーマー

「真・女神転生」をもっと詳しく

「真・女神転生」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ