K-POPの人気が一目でわかる世界初の「K-POP世界地図」が誕生! BTS・BLACKPINK・TWICEが人気の国とは? YouTubeの再生回数をもとに作成された意外な分析結果に世界中のファンがびっくり

9月3日(火)14時43分 KPOP monster

K-POP世界地図K-POP世界地図

KーPOP関連のトレンドやデータを分析している民間研究所の「blip(ブルリップ)」が一目でわかる「KーPOP世界地図」を発表。世界中のファンに衝撃を与えた。

「blip」は韓国のアイドル76組について、昨年7月から1年間、動画サイト「YouTube(ユーチューブ)」の再生数を国・都市別に分析。世界でのKーPOPアイドルの動画の再生回数は、合計約265億5000万件に達したことを明らかにした。

K-POP歌手のユーチューブ再生数を国別で分析した結果は以下の通りだ。
1位 韓国(10.1%)2位 インドネシア(9.9%)3位 タイ(8.1%) 4位 ベトナム(7.4%) 米国(7.4%)、日本は6位で全体の6.8%となった。

驚くことに、分析結果によると韓国での再生回数は全体の10.1%にすぎず、残りの89.1%は海外でK-POP動画が再生されたものだったのだ。KーPOPの世界的な人気をあらためて裏付ける結果となっている。

また、「blip」は世界の都市別に1人当たりの動画再生数も分析している。

世界の都市別のYouTube動画の再生回数を都市の人口で割った結果、ベトナムのホーチミンでは、1人当たりのKーPOP動画再生回数が平均393.2回に達することが判明した。バンコクも115.1回に達し、ソウル(91.1回)より多かった。

ベトナムのホーチミンの1人当たりのKーPOP動画再生数がソウルの4倍であったことから、KーPOPを最も愛する都市はソウルではなく、ベトナムのホーチミンであるという結果になった。

さらに分析結果を詳しく見てみると、米ビルボードにて1位を獲得したBTS防弾少年団は米国・欧州で圧倒的支持を集め、KーPOPの再生回数全体の20.9%を占めた。

また、アジアではBLACKPINKTWICEの人気が高く、特にインドネシア・タイではBLACKPINKの動画再生数がBTSの2倍以上もあった。

日本人メンバーがいるTWICEは日本での人気が一番高いという結果となった。

BTSBLACKPINKTWICEMOMOLANDEXOを含め、現在K-POPの人気を主導している5組の動画再生数が、再生数全体の半分を超える54.3%を占めることから、この5組をまとめて「バンブルトゥモエク」という新造語も生まれたことがわかった。

この結果にファンたちは、今回の結果に驚くのコメントを寄せている。

KPOP monster

「世界」をもっと詳しく

「世界」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ