『有吉ゼミ』激辛チャレンジで“水飲み禁止”の事態 その理由は…

9月3日(火)13時0分 しらべぇ

水(Kwangmoozaa/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

2日放送の『有吉ゼミ』(日本テレビ系)に、俳優の谷原章介瀬戸利樹が出演。「感触するとお得な特典がある」という激辛チャレンジグルメに挑んだのだが、激辛好きである谷原の持論に、現場が翻弄されてしまう場面があった。


■激辛に悶える後輩に「水禁止」

店のチャレンジメニューである「激辛スープカレー」を一口食べた瀬戸は、あまりの辛さに咳き込んでしまう。水を飲もうとすると、先輩である谷原から「水を飲むと余計辛くなるよ」と言われ、その後水が飲みにくい空気に。

そんな谷原も、「これは辛い」「(完食は)無理じゃないかな」とつぶやき、今回の料理はかなり強烈な辛さだった様子。

その後、三四郎小宮浩信も辛さに耐えかね、グラスの水に手を伸ばすと、谷原は「水飲まない!」と再び注意する。


関連記事:キスマイ・宮田俊哉、「彼女の画像」を番組で公開 「好感が持てる」の声も

■水を飲むと余計にツラくなる

谷原は、「辛さは痛みとの向き合い方だから。その痛みとどう向き合うか。一瞬でも水入れたらそのあと地獄」と、水を飲むと余計にツラくなってしまうと共演者らに説明した。

しかし、そんな谷原のアドバイスがありながらも、元々辛味が得意ではない瀬戸と小宮は途中でギブアップ。谷原と同じく激辛好きの加藤諒が涙を流しながら完食した。

スタジオにも出演した瀬戸は映像を振り返り、「次の日(ドラマの)大事なシーンの撮影があったので、オムツで…」とチャレンジの過酷さを訴え、有吉弘行は「遠回しなパワハラだな」と苦笑した。

■ネットでは納得と心配の声

視聴者からも、「辛いものを食べているときに水を飲むと、余計にツラくなる」という谷原の持論に共感する声が上がっている一方、「一味唐辛子も食べられない」と語っていた瀬戸を心配する声が相次いでいる。


■「辛いもの好き」な人は約4割

クールな振る舞いとはギャップのある、辛味に対する情熱を披露した谷原。ちなみに、しらべぇ編集部が全国の20代〜60代の男女1,357名を対象に実施した調査では、全体で約4割の人が「辛いものが好き」と回答している。

興味がある人は「辛いものを食べるときは水を飲まないほうがいい」という谷原の理論を、試してみてはいかがだろうか。


・合わせて読みたい→リア・ディゾン、久々のテレビ出演にネット騒然 「いつのまにかママに…」


(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2018年7月13日〜2018年7月17日

対象:全国20代〜60代の男女1357名 (有効回答数)

しらべぇ

「激辛」をもっと詳しく

「激辛」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ