ここ1カ月で製作が決定した注目ドラマ6選/『SHERLOCK』を彷彿とさせる期待の新作ドラマほか

9月3日(火)20時0分 海外ドラマboard

人気ドラマシリーズの更新&打ち切りだけでなく、新作ドラマの製作ニュースも続々と報じられているので、ここ1カ月ほどで決定した新作ドラマ6作品をご紹介。大人気ドラマ『SHERLOCK』を彷彿とさせる期待の新作ドラマなどが登場します!

映画『プラクティカル・マジック』の前日譚ドラマ

サンドラ・ブロックニコール・キッドマンが主演し、1998年に公開されたファンタジー恋愛映画『プラクティカル・マジック』の前日譚となるドラマ版が、ワーナー・メディアが立ち上げる新配信サービス「HBO Max」で製作されることになりました!

映画版では先祖代々にわたり、愛した男性が必ず早死にしてしまう魔法の力が受け継がれる家系に生まれた、サリーとジリアンという姉妹の恋物語が綴られました。

映画版はアリス・ホフマンによる同名小説が下敷きになっていますが、ドラマ版は小説シリーズ第1弾の続編にして前日譚となる「Rules of Magic」が基になり、魔女の末裔であることに気づいた主人公で姉妹のフラニーとジェット、そして兄弟であるヴィンセントの起源が描かれるようです。

Netflixの『Marvel ジェシカ・ジョーンズ』でクリエイターを務めたメリッサ・ローゼンバーグが、脚本・製作総指揮を手掛けることが決定しています。

HBO Max Sets Drama Pilots, Including ‘Practical Magic’ Prequel – Variety

『Vienna Blood』

英BBCによる『Vienna Blood』は1900年代のオーストリアはウィーンを舞台に、ジークムント・フロイトのもとで学ぶ優秀な若き英医師マックス・リバーマンがオーストリア人のオスカー・ラインハルト刑事とコンビを組み、ウィーンで起こる謎めいた危険な事件を解決していく姿が描かれるシリーズ。

マックスとオスカーの組み合わせは、どうにも私立探偵シャーロック・ホームズとジョン・ワトソン医師のコンビを思い起こさせ、しかも、2人を主人公にした人気ドラマ『SHERLOCK』で脚本を手掛けたスティーヴ・トンプソンがペンを執る予定だというから、ますます“シャーロック”臭がプンプンしてしまいます。

BBCのドラマシリーズはNetflixで配信される確率が高いため、Netflixで『Vienna Blood』を視聴できることを期待したいです!

BBC Buys ‘Vienna Blood’ Crime Thriller Series From ‘Sherlock’ Writer – Variety

映画『セント・エルモス・ファイアー』のドラマ版

1985年に公開された青春映画『セント・エルモス・ファイアー』は、当時人気を博したエミリオ・エステヴェスやデミ・ムーアといった、“ブラッドパック”と呼ばれる若手俳優が多数出演して大ヒット!

友人の事故をきっかけに集まった、大学を卒業したばかりの若者7人の友情や現実に直面した彼らの葛藤が描かれる本作は、その時代を象徴する青春映画となりました。

そんな記念碑的な作品が、法律ドラメディシリーズ『私はラブ・リーガル』でクリエイターを務めたジョシュ・バーマンの手によってNBCで甦ることに!

ドラマ版は設定を現代に置き換え、新世代の仲良し若者グループの仕事や恋愛、社会での責任に悩む姿が綴られるそうです。

『Sex/Life』

この投稿をInstagramで見る

Are you ready for #UnREALtv TONIGHT?!??

UnREALさん(@unrealtv)がシェアした投稿 -

ハイスペックなイケメン男子のハートを射止めるために、複数の女性が恋愛バトルを繰り広げる架空のリアリティ場組の裏側を描くブラック・ドラメディ『UnREAL』のショーランナー、ステイシー・ルーカイザーがNetflixで新作ドラメディ『Sex/Life』を製作することが決定!

B・B・イーストンによる著書『44 Chapters About 4 Men』を下敷きにしたドラマシリーズは、主人公の女性と彼女の夫、そして元恋人が織りなす三角関係が描かれ、女性のアイデンティティと欲望を新たな視点で描く作品になるとのこと。

シーズン1は8話構成となり、ルーカイザーが脚本&製作総指揮&ショーランナーを務める予定です。

Netflix Orders Dramedy Series ‘Sex/Life’ From ‘UnREAL’ Writer – Variety

『The Chestnut Man』

ミレイユ・イーノスとジョエル・キナマンが主演したダークな犯罪捜査ドラマ『THE KILLING』はデンマークのドラマの米版リメイクになりますが、オリジナル版でクリエイターを務めたセーアン・スヴァイストロプが、Netflixで新作犯罪スリラードラマ『The Chestnut Man』を製作することが発表されました!

本シリーズはスヴァイストロプ自身がペンを執った同名小説のドラマ化となり、デンマークのコペンハーゲンで2人の刑事が大きな注目を集める殺人事件を捜査する過程を追う作品となり、シーズン1は6話構成になるそうです。

Netflix Teams With ‘The Killing’ Creator For Noir Series – Variety

『Dead Eddie』

この投稿をInstagramで見る

Tag the Riggs to your Murtaugh in the commets below. ? ⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀ And, get ready for the return of #LethalWeapon in ONE WEEK! ⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀

Lethal Weaponさん(@lethalweaponfox)がシェアした投稿 -

ドラマ版『リーサル・ウェポン』でクリエイターを務めたマット・ミラーと脚本&製作総指揮を担ったアレックス・トーブが再タッグを組み、米FOXで新作犯罪捜査ドラマ『Dead Eddie』のパイロット版を製作することが決定!

本作は元警官の私立探偵エディー・バナが、臨死体験を味わったことで死者と会話できる能力を発揮するようになり、死者を殺した犯人や事件を解決するべく奔走する姿が描かれるとのこと。

少し設定は異なりますが、死者の脳みそを食べることで彼らの記憶を取り込んでしまうゾンビの主人公が、刑事とタッグを組んで死者が巻き込まれた事件を解決するホラーコメディドラマ『iゾンビ』を彷彿とさせます。

リーサル・ウェポン

原題:LETHAL WEAPON

アメリカ

more

残念ながら、『リーサル・ウェポン』は主人公マーティン・リッグスを演じたクレイン・クロフォードが現場における素行を理由に解雇され、その後にショーン・ウィリアム・スコットが代役に決まってシーズン3から主演するも、リッグスの相棒マータフ刑事を演じたデイモン・ウェイアンズも降板するという事態に…。

状況が2転3転したことが災いしたのか、ファンの番組離れが始まり視聴率が急降下…。その結果、あれほど人気が高かったシリーズがシーズン3で打ち切られる憂き目に遭ってしまったため、今度はミラー&トーブが手掛ける『Dead Eddie』がシリーズ化されて成功することを願いたいです!

‘Lethal Weapon’ Team Lands Put Pilot Order at Fox for Cop Drama – Variety

海外ドラマboard

「ドラマ」をもっと詳しく

「ドラマ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ