アリシア・ヴィキャンデル版『トゥームレイダー』の続編製作が決定

9月5日(木)12時30分 シネマカフェ

アリシア・ヴィカンダー-(C)Getty Images

写真を拡大

アリシア・ヴィキャンデルが主役のララ・クロフトを演じた『トゥームレイダー ファースト・ミッション』の続編製作が決定した。2018年に公開された前作は、北米での興業成績がやや振るわなかったため、続編の製作が危ぶまれていた。

「Digital Spy」によると、MGMとワーナー・ブラザースがすでに脚本家にエイミー・ジャンプを起用。エイミーは、マーティン・スコセッシが製作総指揮に名を連ねたイギリス映画『フリー・ファイア』の脚本で名を知らしめ、アリシアのお気に入りの脚本家だという。監督には『フリー・ファイア』の監督を務め、エイミーと脚本を共同執筆したベン・ウィートリーが決定している。エイミーとベンは『Kill List』(原題)、『サイトシアーズ 〜殺人者のための英国観光ガイド〜』でもタッグを組んでおり、映画製作におけるパートナーとして阿吽の呼吸を見せている。

1作目が公開される前から、今後も「ララを演じていきたい」と語っていたアリシアは当然続投だろう。そのほかのキャストの出演についてはいまのところ明らかになっていない。撮影は2020年の早い時期に開始となり、2021年3月19日公開予定。

シネマカフェ

「2018年」をもっと詳しく

「2018年」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ