EXITりんたろー。 相方・兼近の逮捕歴報道に「今のあいつを肯定してやりたい」

9月5日(木)8時49分 マイナビニュース

お笑いコンビ・EXITのりんたろー。が5日、自身のツイッターを更新。同日発売の『週刊文春』で、相方・兼近大樹が過去に逮捕されていたと報じられたことについて、心境をつづった。

りんたろー。は「僕達を今日まで応援してくれた皆様 今まで力を貸してくださった皆様 この度は僕達に関する記事で心配やご迷惑を掛けてしまい 辛い思い悲しい思いをさせてしまい、またガッカリさせてしまい大変申し訳ありません」と謝罪。

「記事の本人が言っていることに関して、僕はコンビを組む時に聞いていました」と明かし、「驚いたと同時にしかしその過去があるからこそ今の兼近の底抜けの優しさや、人を思いやる気持ち 過ちを二度と起こさないよう努める姿勢 目の前の人を笑顔にしたいというあいつがあるのだと変に納得がいった事覚えています」と当時の心境を告白した。

そして、「過去の兼近経て形成されたであろう今の兼近とコンビを組みたいと伝えました。しかし彼の答えは一人で海外に渡りエンターテイメントをやってみたいといったものでした。思えば彼はいつの日か僕にこうゆう形で迷惑をかけるのが嫌だったのかもしれません」と2人のやりとりを明かし、「過去は決して変えられないけど、その過去を悔い改め応援されるよう今を歩むことはできるはず。だから僕は彼と一緒に向かって走る事を選びました」とコンビ結成に至った経緯を伝えた。

今年人気急上昇中の2人だが、「元々兼近と出会わなければ今のような幸せな日々が訪れることはなかったでしょう。兼近がいなければなかった人生。あいつと漫才した時どん底にいた僕にまだあんたの人生は終わっていない。もう一回頑張る権利があると手をさしのべられた気持ちでした」と兼近に感謝。「身勝手ではありますが、今度は僕がそばに居て今のあいつを肯定してやりたいんです。世間はそうはいかなくたってたとえネット社会に飲み込まれ その息を止められてあいつを肯定するのがたったひとりになったって僕だけはあいつを肯定してやりたいんです。僕だけは今のあいつがどうゆう人間か1番近くにいて誰よりも知っているのだから」と思いを告白した。

また、「本当は真面目とか言ってどこが真面目なんだよと思う方いると思います。僕自身もしかり決して人に誇れるような人間ではありません。右肩上がりに上がっていく好感度とは裏腹に僕達自身が世間とのイメージにギャップを感じるようになってきていつしかあいつは世間に嘘をついているようで苦しいと思うようになったかもしれません」と推察し、「嬉しいと言う表現が正しかったのかは疑問ですが嘘がつけない性格の彼は本当の事を言いたいけど言えないジレンマに日々、悩まされどこかホッとした気持ちがそういう言葉になって出てしまったのだと思います」とフォローも。

さらに、「過去の事だからなんて言えません。過去の事を悔い改めこれからをどう生きるかで信頼を取り戻せるようより一層精進していきたいと思います。応援してくれる人がいる限り 僕達はその人に届くように笑いをエンターテインメントを続けていきたいと思っています」とつづり、「今回は心配と御迷惑をかけたことを深くお詫び出来たらと思います。申し訳ありませんでした」と謝罪の言葉で締めくくった。

マイナビニュース

「りんたろー」をもっと詳しく

「りんたろー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ