役所広司主演『オーバー・エベレスト』東京国際映画祭“特別招待作品”に選出

9月6日(金)18時15分 シネマカフェ

『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』(C)Mirage Ltd.

写真を拡大

エベレストを舞台に、圧倒的スケールと映像美で贈る役所広司主演のスペクタクル・エンターテインメント作品『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』が、第32回東京国際映画祭の特別招待作品に選ばれたことが分かった。日本版ポスタービジュアルと場面写真も一挙初公開された。



今年で32回目の開催となる「東京国際映画祭」は、10月28日(月)〜11月5日(火)の期間、六本木ヒルズ、EXシアター六本木などで行われる。ほかにも、特別招待作品には間宮祥太朗桜井日奈子共演の『殺さない彼と死なない彼女』が決定している。

そして到着したポスタービジュアルでは、雪に覆われたエベレストと、屈指の危険地帯“デスゾーン”に挑むジアン隊長(役所さん)率いる、ヒマラヤ救助隊「チーム・ウィングス」の姿が。爆炎や捨て身で仲間を救助しようとするジアン隊長も確認でき、本作の過酷さが垣間見える1枚となっている。


さらに、より緊迫感が漂う、スケールの大きさが覗ける場面写真も到着。


拳を構えたり、巨大な氷柱に掴まり崖からダイブする隊員を受け止めたり、吹雪の中ヘリから身を乗り出す姿と、ジアン隊長決死のアクションシーンが収められている。


『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』は11月15日(金)より全国にて公開。

シネマカフェ

「東京国際映画祭」をもっと詳しく

「東京国際映画祭」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ