2.5次元俳優・植田圭輔、『いかレスラー』河崎実監督最新作に主演 監修に久住昌之

9月6日(金)18時20分 クランクイン!

 映画『いかレスラー』『日本以外全部沈没』で知られる日本映画界の異端児・河崎実監督の新作映画『三大怪獣グルメ(仮題)』の製作が決定した。数多くの2.5次元作品に出演してきた俳優の植田圭輔が主人公を演じ、漫画『孤独のグルメ』の原作者・久住昌之が監修を務める。 本作は、愛すべきおバカ映画を作り続けている河崎監督の集大成ともいえるコメディ怪獣映画。河崎監督ならではの着ぐるみ特撮に加え、巨大怪獣化して東京中を暴れまわる元寿司ネタの「イカ」「タコ」「カニ」を食すというグルメにもこだわった作品だ。

 これまで100本を超える舞台作品に出演し、最近ではアニメやゲームなどの声優業にも活動の幅を広げている植田が寿司屋の息子で天才科学者の主人公・雄太を演じ、人類史上最悪の怪獣に挑む。

 本作は映画製作に加え、時代劇や怪獣漫画で知られる漫画家・ほりのぶゆきによるコミカライズも決定しており、9月末から「WEBコミックガンマ」で連載が開始される予定。また、現在クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で、製作配給宣伝費の支援者を募集している。

 河崎監督は「わたしが18才の時初めて撮った8ミリ映画が『フウト』という、隅田川に落としたすき焼きの具の豆腐・肉・ネギが巨大化して怪獣となり暴れだし、最後は当時の後楽園球場ですき焼きになるというものでした」と振り返り、「あれから42年、プロになっても『いかレスラー』『ギララの逆襲』など、どうかしている作風は一貫しています。この度原点に還り、完璧にバカバカしい映画を製作できることは無上の喜びです。期待しないで見ると意外と面白いと思いますので、是非ご覧ください!」とコメントを寄せている。

 主演の植田は「最初に台本を読んだときは頭の中にたくさんの『?』が浮かびましたが(笑)、とにかく河崎監督の独特過ぎる 世界観に自分が入れるという事で、不思議な喜びを感じてます」と明かし、「完成がどうなるか今は想像できませんが、とにかく一生懸命この役を生きます! どうぞご期待下さい!」と意気込んでいる。

クランクイン!

「2.5次元」をもっと詳しく

「2.5次元」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ