坂口杏里「お母さん、ごめんなさい」と号泣 ネットも「もう叩けない」空気

9月6日(金)3時0分 messy

坂口杏里 Instagramより

写真を拡大

 坂口杏里が先日逮捕された事件について、YouTubeチャンネルに謝罪動画を連日投稿している。「今回の件に関して、世間を騒がせてしまいまして、本当に申し訳ありません」と、深々と頭を下げた坂口杏里。3日には「天国のお母さん、ごめんなさい」と題した動画を配信し、亡き母への思いを語りながら号泣した。

 坂口杏里は今年8月に元交際相手の男性ホスト宅に侵入したとして逮捕された。報道によると彼女は、ホストとお酒を飲んだ後に2人でタクシーを利用。ホストがタクシー代を払わなかったのか、彼女は「タクシー代を返してもらおう」と、ホストのマンションに押し入ったという。

 だがホストは彼女を部屋に入れまいとしてドアを閉め、坂口杏里は指を挟まれて怪我をした。この怪我の写真を彼女はインスタグラムにUPしている。そもそも110番をしたのも坂口杏里で、「ドアで指を挟まれた」と通報。しかし結局、以前からホストが彼女にストーカーされていると警察に相談していたことから、捕まったのは彼女の方だった。

 坂口杏里が警察の世話になるのはこれで2度目で、以前もホスト絡み。しかも今回の事件のホスト、つまり元交際相手とのトラブルだった。坂口は数年にわたり、この男性に執着していたということなのだろうか。このまま関係を続けても双方にとって不利益にしかならず、今回の件で完全に縁を切ってほしい。



 YouTubeの謝罪動画で坂口杏里は、今後について「チャンスがあるなら、マイナスからはじめていきたいと思っています」と語った。男への執着を“返り咲き”への執念に変えてほしいところだ。

 彼女は最近はかなり芸能界復活に向けてやる気を出しており、今年4月にはバンドのフロントマンとして初ライブを敢行。また6月には地上波TV番組である『ザ・ノンフィクション ワケあって…坂口杏里』(フジテレビ系)で長期の密着映像が放送されたことで話題をさらった。

 坂口杏里の行動は常にバッシング対象とされてきたが、彼女が自信を持ってお金を稼げるならどんな仕事でもいい。成功しようが失敗しようが赤の他人には関係ない。ネットの空気も、今回の逮捕を受けて「さすがに叩けない」「放っておいてあげよう」という方向に変わりつつある。

 とはいえ彼女が例のホスト男性に対する未練を断ち切らなければ、どんなに頑張ってもまた元の木阿弥かもしれない。過去を清算して、まずはメンタルの安定と生活の基盤を整えられるよう祈るばかりだ。

messy

「坂口杏里」をもっと詳しく

「坂口杏里」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ