キンプリ永瀬廉、主演ドラマ撮影終了「ユニホーム姿にもん絶して」

9月6日(金)21時0分 マイナビニュース

アイドルグループ・King & Princeの永瀬廉らがこのほど、カンテレ・フジテレビ系スペシャルドラマ『FLY!BOYS, FLY! 僕たち、CAはじめました』(24日21:00〜)のクランクアップを迎えた。

航空会社のキャビンアテンダント(CA)を目指して訓練生となった主人公・朝川千空(永瀬)が、同僚たちと共にさまざまな訓練を通じて成長していく同ドラマ。ラストカットは、永瀬、北村匠海岐洲匠、小越勇輝の4人が、真っ赤なバラが一面に浮かぶ銭湯に、一緒に入浴するという魅惑のシーンだ。

この銭湯「べるさい湯」は、千空の育ての親である伯母・朝川美智(キムラ緑子)が経営する銭湯で、千空が生まれ育った場所。ドラマの中でも名物“バラ風呂”が物語の要所で登場する。

この場面を終え、記念撮影に臨む男子4人組は、プロデューサーから「今までで一番ハッチャけて!」とオーダーが入り、「フォー!」と男らしい雄叫びをあげ、最高の笑顔で夏の全撮影が締めくくられた。

永瀬は「あっという間でしたが、すごく楽しく、そして自分の人生のためになるたくさんの経験ができました。あと、なんといっても、びっくりするほど仲良くなれた素敵な仲間たちと出会えてよかったです!」とあいさつ。

元モデルのCA訓練生・早乙女薫役の北村は「役者人生の中で、キャビンアテンダント役は経験できないかなと思っていたので、すごく貴重な体験をさせていただきました。素晴らしい仲間と素敵な作品に出会えて、僕の財産というか、これから先の糧になったかなと思います。早く、テレビの画面の先の人に届いてほしいなと思います」とコメント。

元自衛官という肩書を持つCA訓練生・郷田勇一役の岐洲は「新しい体験、新しい感覚、いろんな体験をたくさんさせていただいた撮影でした。毎日楽しかったです! ありがとうございました!」と感謝。

そして、ゲイであることをオープンにしている4人目のCA訓練生・黛正太郎役の小越は「思い返すとあっという間でしたが、キャビンクルーを目指して奮起したこの撮影期間がとても幸せでした。ありがとうございました!」と振り返った。

ハードな撮影期間を駆け抜けた永瀬は、今の心境を聞かれ「もう終わっちゃうんや…と思うとさみしいです」と感慨深げ。見どころについては「千空のまっすぐさ、愛される部分、そのひたむきさが、周りに影響を与えて、周りを変えていく。そういった部分に、注目してほしいですね。そして何より、ジェットスターのユニホーム姿にもん絶してほしいです(笑)」と笑顔を見せ、「確かに、すごくハードな撮影スケジュールだったんですけど、ただ、僕ら以上に大変だったのは何よりスタッフさんやと思うので、ホンマに感謝の気持ちでいっぱいです!」と謙虚に語っていた。

マイナビニュース

「ドラマ」をもっと詳しく

「ドラマ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ